スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブン&アイ 鈴木会長様

公正取引委員会は22日、「賞味期限の近づいたお握りや弁当を値引きしないようフランチャイズ店に強制していたセブンイレブン・ジャパンに対して、改善命令を出した。

賞味期限の切れそうな弁当などは、処分価格を付けて
店頭で売りきったほうが、お客のためにもなるし、フランチャイジーのためにもなる方法です。


それをさせないで、強制廃棄させるのは、何のため?誰のため?
「そんなのは、ウチだけじゃない!」・・・などと開き直らないで下さい。

セブン&アイの鈴木会長に申し上げたい。
「仮説」と「検証」、「顧客の立場で」や「顧客のために」
・・・を著書で謳われておりますが、無理があるのではないでしょうか?
現場を見ずに、データのみで仮説をたてられているから、このような矛盾が生じるのでしょう。

私の尊敬する、創業者である伊藤雅俊名誉会長は、どう思われているのでしょうか?
「商いの心くばり」は、過去の遺物なのでしょうか?

ましてや、イトーヨーカドーの商売の5原則を、私が知っていて、あなたが知らないとは
言わせません。
1・商品の品揃え
2・品質・クオリティー
3・サービス
4・クリーンリネス
5・売り切る意志

「商いの心くばり」を白い鳩のマークに託し
働く一人一人の心の中の白い羽根が、日本全国に羽ばたいて広がることを期して付けられた
御社のシンボルは、その変更とともに創業者の夢さえ踏みつぶすものだったようです。

日本を代表する企業にまで成長されたのですから、
もう少し日本的な経営方法に立ち返られるべきではないでしょうか。

僭越ですが、多分、論語などお読みになったことなどないでしょうから、
鈴木会長に、論語「里仁第四」の中から、下記を贈らせていただきます。

--------------------------
子曰、放於利而行、多怨、
子曰、君子喩於義、小人喩於利
--------------------------

あなたは、「時の人」(褒め言葉ではありません。)であって、
論語でいうところの「君子」ではないようです。

「義」のない経営は長続きしないことを、論語を勉強して修正していただけることを期待します。



スポンサーサイト

theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

世襲は良いわけがありません。

衆議院選挙を前に、民主党のまねをして世襲制限を自民党が言い出しました。
次期衆院選から国会議員の親族が同一選挙区から連続して立候補することを禁止する方向で
調整しているようです。
ただ、それも自民党公認ではなくなる・・・、というだけで、
空白選挙区になったところに、自民党が新たに候補者を立てるのではなく、
某元総理の選挙区には、その息子をそのまま無所属で出馬させるつもりのようだ。

いつもの手口だからいい加減国民の信を得られるはずはない。
もし選挙に勝ったら、『法の下の平等に反する』『憲法違反だ』と騒いでウヤムヤの公算大。
いまだけ世襲制限に賛成する偽善者。
反論があるのであれば、世襲議員の選挙区に自民党から公認対立候補を確実に立ててください。

ネットでも賛否両論・・・。
世襲賛同者は、「世襲の何が悪い!」・・・などとホザイていますが、
・・・政治家の劣化が悪いのです。

政治家、特に世襲議員の劣化は、火を見るよりも明らかで、
麻生内閣の閣僚の6割(18人中11人)を世襲議員が占めているように、
世襲議員のほうが政界でより指導的立場になりやすいことも表面化している。

何故そうなのかと言えば、個人の能力とは全く関係なく、当選回数が多い順にポストが割り振られるシステムだからでしょ。
このシステムでは、おやじの強固な選挙区(地盤)、政治資金(かばん)、知名度(看板)を引き継ぐ世襲議員が若くして安定的に選挙に当選し続けているのが現状により、何度も言うが、全く能力に関係なく、日本の指導者(?)死道者(?)が誕生してしまうのです。

国会議員は国民の代表です。
タレント候補も当選してしまう看板については、制限のしようがないでしょう。
但し、地盤とかばんについては、これ以上の国益を損なわないよう、きちんと制限を加えるべきです。
地盤については、オヤジと選挙区を変えること、
カバンについては相続税、贈与税を納付したのち看板を引き継ぐことは最低限の対応です。

一般企業と比較し世襲を正当化する意見も見受けられますが、
一代で会社を大企業に育てたマットウナ創業社長は、世襲をさせていません。
何故でしょうか・・・?
大企業の御曹司→苦労知らず→周りもチヤホヤ→おあとは推して知るべし。
ましてや、政治家は民間人ではありません。
その根本をまず踏まえて意見を述べてもらいたいものです。






theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

ダメダメ「次の内閣」

気が早いと思いますが、民主党がホームページで公表している
「次の内閣」(Wikipedia参照)
をチェックしてみました。

個人的に以下の人事案に異議ありです。

ネクスト外務大臣 : 鉢呂 吉雄
ネクスト財務大臣 : 中川 正春
ネクスト経済産業大臣 : 増子 輝彦
ネクスト法務大臣 : 細川 律夫
ネクスト文部科学大臣 : 小宮山 洋子
ネクスト子ども・男女共同参画担当大臣 : 神本 美恵子
ネクスト農林水産大臣 : 筒井 信隆

残念ながらほとんど異議ありです。
今まで自民党を支持していた層からの支持は、全く受け入れられない人事だと思います。
「Why・・・?」

まだ間に合います、すぐに総入替をした方が良いでしょう。
この人事では、政権を取ってもすぐに揚足を取られます。
安倍内閣の二の舞を見ることは、火を見るよりも明らかです。
民主党に期待して投票するだろう国民の期待を完全に裏切っています。
誰が考えたんでしょうか、こんな脇の甘い人事。
鳩山さんの任命責任が問われちゃいますよ。

もっと外部から人材を取り入れることを考えてください。
私が点数をつければ落第点です。
ダメダメです。
いい加減にいてください。


theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

友愛政策

下記、鳩山由紀夫新民主党党首の「『友愛社会』の実現を目指して」と題する小文
を転載したものです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        「友愛社会」の実現を目指して

1.民主党の目指す社会は、私流に言えば友愛社会です。すなわち、個人の自
 立・尊厳を前提に互いに支えあう社会です。今日、日本が直面している最大
 の課題である少子高齢化問題も、友愛精神に基づく下記の政策で解決し、国
 民が安心して、心豊かに暮せる社会を実現してまいります。

●ムダづかいを根絶し、税金を官僚の手から国民の手に取り戻す
 (ア)予算編成を政治家主導で行う
 (イ)「天下り」「渡り」の全面禁止を含む公務員制度改革を行う
 (ウ)企業・団体献金の禁止、世襲制限、衆議院の比例定数を80削減する

●信頼できる年金・医療・介護を作り上げる
 (エ)年金記録問題の解決と年金制度の一元化を行う
 (オ)「後期高齢者医療制度」を廃止し、医師・看護師等の不足を解消する
 (カ)質の高い介護サービスを提供するため、介護労働者の待遇を改善する

●国民生活への直接支援・減税で可処分所得(平均的世帯)を2割増やす
 (キ)年額31.2万円の「子ども手当」を支給する
 (ク)高校教育を実質無料化する
 (ケ)失業保険を強化し、求職者支援制度を創設する

2.世界の平和を自ら築いていくことが、これからの日本の安全を守るための
 基本です。その上で、国連をはじめとした国際社会に積極的に貢献し、グロ
 ーバル化した世界の諸問題の解決に取り組む尊厳ある日本を目指します。

●国家として自立し、価値の異なる社会とも共生していける友愛外交を推進す


●新型インフルエンザにみられるようにグローバル化した今日、諸問題の多く
 は一国だけでは解決できない。国連をはじめとした国際機関に積極的に貢献
 する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

充分に自民党の政策に対抗できる骨組となっていると思います。
実施時期、期間等詳細を国民にアピールすれば政権を取れると思います。
但し、外国人参政権には手を付けないでください。

国政選挙で外国人参政権を認めたらタイのように国内が混乱します。
地方参政権についても、現在の日本における特別永住者の資格要件に瑕疵がある以上、
日本国民が納得するわけがありません。

現在の日本における特別永住者の半数が戦後のどさくさ見紛れて入国した不法入国者です。
その特別永住者を両親に育てられた子供が、自由に国籍を選択出来る現行制度において
参政権を認めることは出来ません。

theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

オザワンへの提言

残念(?)ながら、オザワンは総理に手が届きませんでした。

この状況で彼の秘書の逮捕は、国策捜査以外の何物でもないハズ。
腹にすえかねていることは、充分に理解できます。

しかし、私があなたに期待していることは、
早期に、潔く、代表を降りられることです。

その行動が早ければ早いほど、良いと思います。

返す刀で、その怒りを外資族に向けてください。
残酷な言い方かもしれませんが、壮絶な合いうちを期待しています。

完全に追い詰められているあなたが、国民に対して出来ることは、
どれだけ多くの利己主義者を道連れに出来るかどうか・・・。
ではないでしょうか。

国民のほとんどは、一企業の収賄容疑より、
国民の資産をかすめ取ろうとする詐欺グループの逮捕を願っています。

思想統制されたマスコミに、日本のB層がつかまれる前に、
小沢バッシング、民主バッシングになる前に、
ご自身の至誠を示してください。

あなたに至誠があることを願ってやみません。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

訂正

先のブログ内容に誤りがありましたので訂正させていただきます。

ゼッキョー元ソーリのロシア旅行は、
「国際公共政策研究センター(CIPPS)」(田中直毅理事長)が派遣したもので、
税金を浪費しての外遊とは、形態が異なるようです。

ホームページで確認したところ、理事には大企業が名を連ね、
ゼッキョーは顧問に納まっているようです。
内容はほとんどないようですが、
大企業をパトロンにして、官僚利権の発掘を主業務にしているシンクタンクのように感じました。

田中直毅理事長は、2006年から郵政民営化委員会委員長です。(ナルホド・・・。)
但し、理事にオリックスの名前は載っておりませんでした。

ちなみに、ゼッキョーのロシア訪問の目的は、kajiriさんが詳しく説明してくれています。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

人間の幸福

連日、止めどなく深刻な経済悪化のニュースが続いています。

この時期に、減税や、どのように国民の不安を取り除けるか、の論議をすべきところ、
消費税増税の論議をしているマヌケナ政治家。
奴らは、全国民が被害者の詐欺犯です。
詐欺罪は、この世の中で、殺人犯と同罪にすべきだと常々思っています。
この犯罪は、感染症の如く、気付かぬうちに人間の心を重度退廃させます。

だから、尚更、人間の本来の幸福を考える。
誰かみたいに「人生いろいろ・・・」で片づけてしまえばそれまでだし、
「今がとってもシアワセ・・・と感じているんだから、放っといてよ!」という方もいるだろう。
しかしながら、私個人は、日本のアホな政治家が取り入れてしまった新自由主義の、
合理性を絶対視する思考方法を乗り越えなければならない時期であると思っているし、
日本独自の文化を背景に新しく創造しなければならない時期に来ていることも確信している。

現在の「100年に一度の危機」は、裏返してみれば、これまでの形態を一新する、
真の社会変革を可能にする、亦とない機会ではないでしょうか。

但し、これはナショナリズムを過熱させる内容であってはならないことは、言うに及ばない。
新たな労働形態を考察し、自律的な社会ネットワークシステムを構築することが、今求められている。

幸いなことに、少子高齢化が進行し、更に持続的な経済成長が終焉を告げ、
年功制による昇給にストップが掛かり(公務員を除く)、
不景気により、戦後一党支配を続けてきた自民党の支援団体、企業が弱り、
自ら規制すべき団体、企業の応援団となり、それらに利益誘導するための仲介者になり下がり、
政策、行政を麻痺させ、国民を搾取し続け、
際限なく膨張を続けてきた官僚システムも近々に影響が及ぶことでしょう。
これは、もう必然の自然の流れです。

世界の主流となっている現在の資本主義の問題の根っこになっているのは、
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの「一神教」、
いわゆる人間を神の座につけ人間が絶対であるとする思考。
フランスのA.Comptが提唱したように、人間が人間を神として拝むという「人間教」にある。

この人間教をベースにした欧米に近代科学が発達し、産業、軍事等が短期間に発展、世界の覇権を制した。
確かに、科学技術の発展は、人間生活を豊かにし、限りない恩恵をもたらした。

しかしながら、負の部分として、この思考により、個人主義が増長する。
個人主義は、人間本来の理性を簡単に踏み越えるものである。
人間の情緒が無視され、個々人が自分自身を失っていく。
身の回りに利己的なのがいると、その職場、クラス全体に感染します。
自分の気に入らない仕事に、露骨に嫌な顔をする者、裏で愚痴を言うもの、
誰もお前が悪いと言っていないのに責任を転嫁する者、
注意すると切れる者、
病院送りにしたいようなのがたくさんいます。
資本主義(人間絶対主義)の蔓延してしまった結果だろう。
人間絶対主義は、人間否定である事を自覚すべきである。
これは、人間生存の行き詰まりであり、確実に堕落、滅亡への方向である。

どんなに財力や地位のある人間でも、決して一人では生きていけない。
それこそが、人間の本質のはずである。
この本質を前提に方向転換をしない限り、人間の幸福、生存はまず得られることはないだろう。

まず個々人のなすべきことは、人間が現在の自己をしっかりと客観的に見つめなおすことである。
経済成長しなければ成り立たない、現行制度は終焉の時期を迎えた事を不安がらずに、
喜ばしい事として受け入れることだ。
政治が選択すべき直近の方向性は、
中央の権限・規制を最大限縮小し、高所得者への増税などで、所得の再配分を実行し、
国民の勤労意欲を失わせることなく雇用を安定させること。
この期に及んでは、小泉が圧縮した福祉・教育予算の拡充は、必須事項である。

資本主義でもなく、社会主義でもなく、「何とか主義」ではない
お釈迦様の言うところの「中道」
人間本来の心を豊かに繁栄させるべく、日々の行いを積み重ねていく環境が整うこと、
それが、文明であり、人の道である。
人間は、自然の法則に従って生きることを心がけることが、幸福への第一歩です。


theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

何事も人が全てです。

男子プロゴルフ界に彗星の如く現れた高校生プロゴルファー、石川遼君
皆さんご存知の事と思うが、今日の産経「明解容解」に、
彼の談話としてこんなコメントが掲載されていた。

*** 以下転載 ***

「プロになってからほかの人への影響は大きくなった。
その自覚を持ってゴルフをしないと。
ゴルフ界だけじゃなく、ゴルフ産業の人にまで勇気を与えられるよう頑張っていきたいです」

*** 転載おわり ***

たった17歳の青年のコメントである。
思わずうなってしまった。
日本を取りまく不況を意識しての発言だとしたら、驚くべき発言だ。
育てた親父がすごいのか、マネージャーがすごいのか、
新聞記者が、取材の前に模範解答を刷り込んだのか・・・と穿った考えまでも浮かんでしまう。

日本におけるプロゴルフというスポーツは、30年前までは完全におっさんのモノだった。
男女ともどす黒く日焼けした、鍬をクラブに持ち替えただけの様にしか見えない
紳士のスポーツとは程遠い方たちが、トーナメント会場を席巻していた。(失礼・・・。)

約30年前、その雰囲気を一新したのが、倉本、湯原、羽川といった
キャディー上がりでなく、大学出の若くて、実力があり、スマートなプロゴルファー達の
大量出現だった。当時のバブル景気もあって、
女子大生たちがこぞってゴルフ部に入部したものだから、
そこから10年ほどは、猫も杓子もゴルフの絶頂期だったように思う。
しかし、三羽ガラスがピークを過ぎてからは、これといったオーラをもったプロが出現せず、
バブルもはじけて、ゴルフの人気は凋落の一途をたどっていた。
この流れをせき止めて、一人で盛り上げたのが石川遼君だ。

今年の初めに、プロ転向すると表明した時、私は早すぎると思っていた。
団体スポーツと違って、ゴルフの成績は、メンタルな部分が相当左右する。
プロゴルファーのトップ50人位の技術レベルは、ほとんど変わらないと思っている。
このホールを無難に通過できれば・・・という時のティーショット、
あと50cmのパットを沈めれば優勝・・・という時、
目の前が白くなってしまったり、体が硬直したり・・・。
そういうプレッシャーに一人で向き合わなければならない。
そのプレッシャーに負けて、スランプに陥った時、
喪失した自信を取り戻すことが、非常に難しいスポーツであることを、
私は身をもって知っている。
そのスランプが、彼をしばりつける時が、早晩訪れるだろうとは思う。

しかし、現在の彼は、今までのプロゴルファーには見たことがないオーラを放ち、
ゴルフのプレー内容も青年らしく、失敗を恐れず攻撃的。
ラウンド終了後のインタビューも、言葉遣いも、言い回しも謙虚で澱みがない。

17歳の青年でも、トップとして自覚する事の重大性を認識しているのである。
更に、周りの人間に対する心配りさえわきまえている。
それが、個人、会社、国を向上させるトップとしての最低必須条件です。
何事も、人が全てなんです。

誰か、全く周りの事が見えない、どっかのアホーソーリに聞かせてやってください。
4コママンガにして、吹き出しは平仮名でお願いします。



theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

10年ぶりの上海

中国には、ここのところ広州ばかりだったので、
先週、10年ぶりに上海に行ってきました。

気温のせいか、東京からの距離のせいか、
広州よりも完全に東京にいる感覚だった。
昔のレンガ造りの家も見かけないし、
新幹線も乗ってきました。
そうそう、上海駅の規模のすごさといったら、羽田空港よりも立派だった。
女の子の綺麗さは、中国一だろう。
(と思う、少なくとも渋谷をうろついているオネーチャン達よりは、数段上だね。)


敢えて違いを挙げるなら、
毎朝、目やにが出るくらい、天気予報は晴れなのに、常に曇天・・・。
空気が悪くて、外をプラプラ散歩する気になれない。
仕事の早く終わった夜、ハンカチ片手に南京西路の上海で「行列の出来る肉まんや」
へ行ってきました。

行列の出来る肉まんや

メニューは、肉まんとスープだけ。
門外不出の肉まんだそうで、肉まんというより、ジューシーな焼き餃子みたい。
これです→。団子とスープ

パクチのたくさんのったカレー風味の牛肉スープとセットで10元(150円)位。
中国でカレーというと、これらしいです。
パクチが苦手な方には向いてません。
小さい店内で、若い女の子が鼻水たらして美味しそうに食べてます。
おやつのつもりで連れて行ってくれたのはいいけど、これだけでお腹いっぱいです。
安上がりな夕食でした。
この通りにしかなく、暖簾分けもしないそうです。



theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

田母神航空幕僚長の論旨 補足

昨日のブログのままだと、左巻であると誤解されるので補足です。

きちんとした歴史認識を踏まえたうえでなければ、人間は愚かなので、
何かの拍子に、同じ間違いを繰り返すものです。

第二次大戦後、日本を取り巻く現状は、当時の状況に近いのではないかと危惧している。

だから、当時の状況を証明する証言が明らかになってきた今こそ、
それらの証言に日本人は、目をつぶらずに日本の外交問題を検討しなければならない。

その検証、本来の反省がないから、何時まで経っても日本の外交ビジョンを発信できず、
土下座外交から抜け出せないのである。

東京裁判の後、2年後のマッカーサーが米国軍事外交委員会での発言を転載する。

「東京裁判 日本の弁明」 (小堀桂一郎著) より転載 -----------------------

日本は絹産業以外には、固有の産物は何もないのです。
彼らは、絹がない、羊毛がない、石油の産出がない、錫がない、ゴムがない、
その他、実に多くの原料が欠如している。
そして、それら一切の物がアジア海域には存在していたのです。
もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、
1,000万から1,200万人の失業者が発生するであろうことを彼らは恐れていました。
従って、彼らが戦争に飛び込んで行った動機は、
大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです。

---- 転載おわり ----------------------------------------------------


日本人一人一人が、日本の歴史の事実をきちんと押さえておかねばならない。
公明党や、旧社会党、日教組の意見を鵜呑みにしてはいけない。







theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。