スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車の中での困ったチャン。

久しぶりに電車の中での困ったチャン?

昨晩と今朝、立て続けにワガママ老人に出くわした。

昨晩は、結婚式帰りとオボシキ老夫婦。
夜8時過ぎの満員電車の小田急線の車内で、礼服に白ネクタイのおじいさんと、
ドレスを着こんだ60代位の老夫婦が、大きな紙袋の引き出物を出入り口付近において立っていた。
多分、新宿から乗っていたのだろう。
途中の乗降客の多い下北沢駅で爺さんのまえのドアが開き、
当然、たくさんの乗客が降りようとする。
ところがその老夫婦が邪魔で降りられない。
降りる客が多いから、後の方から出られない客が
「オリマース!」の連呼。
それでも老夫婦は、ずれようともせず、爺さんなど踏ん張ってしまっている。
無理やり降りようとしたサラリーマン風の男性に対して、
爺さんがとった行動は・・・。
肘鉄!サラリーマンの脇腹に炸裂!

サラリーマンの男性はできていた。
爺さんだからと思ったかどうか、
一瞥をくれて、脇腹を押えて降りて行った。
その後に続いたOLは、おもむろに引き出物の紙袋を蹴とばして出て行った。
女は強かった・・・?

・・・の続きで今朝の小田急線のおばさん(推定57歳)。
通勤途中の駅で、私の立っていた前の座席と、その隣の座席が同時に空いた。
ドアが開く前に、私の前に座っていた男性が立ったので、私はスムーズに座席を確保してしまった。
被害者は、私の隣に立っていたOL風のうら若き女性。
ドアが開き、女性の前に座っていた人が立ち上がった瞬間、
座ろうとしていたうら若きOL風女性を無理やり押しのけて、
推定57歳のおばさんのお尻が突っ込んできた。
当然、OL風のうら若き女性の可愛いお尻は弾き飛ばされる。
OL風のうら若き女性もムッとしただろう。
その後、両者の間に沈黙の小競り合いが私が下りるまで繰り広げられていた。
小競り合いの内容は、ご想像にお任せする。
足を踏んだり、蹴っ飛ばしたり・・・。

年寄りにこういうのが多発してるって、どういうことなんだろうかと思う。
前にも書いたが、こいつらの子供達は、推して知るべし。
近所の小学校の先生もモンスターペアレンツに苦悩している。

問題の根っこを手繰り寄せていくと、聖職者のレベルの低下に行きつく。
聖職を業とする人は、国民から無限の尊敬を受けるべき存在であるはず。
本来の職責に反する思考をもち、利己の事のみしか考えられないモノ共は、
罪人であり、匹夫下郎・・・と私は思う。
聖職を志す者の学識には、志の高い精神と、人格、揺るがない理性を併せ持つことが求められるのではないだろうか。
高い精神性や人格、理性は、人から教えられて身につくものではない。
本を読んだり、椅子に座って人から講義を受けても本人のものには決してならない。
自分で体験し、苦痛を味わい、自分で考えたものでなければ、
高い精神性や、人格、理性は会得出来ないものである。

官僚、教師は自分たちの責務を再考してほしい。
もう、政治屋どもにはあきらめている。
せめて、今度の総選挙で自浄作用の働くシステムに移行できればと思う。

ナンダカナー・・・。


スポンサーサイト

theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

快適の代償

あなたならこんな場合、どうしますか?

あなたより明らかに年上の60才前後の男性が、
電車で吊革につかまっているあなたの前に座っている。
スーツを着たそのおじさんが、鞄から一個づつ包装されたお菓子を
取り出しては口入れ、その包装紙をポイポイ足元に捨てています。

あなたの対応は?
1・知らんぷりする。
2・注意する。
3・そのゴミを拾う。

実はこれ、昨晩のノンフィクションです。
私は、モラルのない人間が大嫌いです。

以下、数秒間のおやじとのやりとり・・・。
私:「いい年して何やってんだ!」(きつい口調)
おやじ:何も言い返さず、私の顔を見てウンウン頷いている・・・?
私:「ナニ頷いてんだ、早く拾え!」
おやじ:足元にに散らばっているお菓子の包み紙をすばやく拾った後、
何事もなかったように、寝たふり・・・。
私:(情けない・・・・)

何故、わざわざ足元にゴミを捨てるのか・・・理解できない。
上着のポケットに入れといて、家に帰ってから、まとめてゴミ箱に入れれば
いいだけの話ではないか。
おやじの反応から、悪いことであることは理解できているようである。(当り前か・・・)
ゴミをポケットに入れて家に持ち帰るのがいやなのか?
公共の場を散らかしたい、いやがらせなのか?
いずれにしても、社会人として破綻している。

通勤電車には、こんな輩がたくさんいる。

不良の子供を見て、「親の顔を見てみたい。」というのはよく使いますが、
こんな親に育てられた子供は見たくない。

愚妻はそんな私に、
「あんた、そのうち刺されるわよ。」・・・なんていつも言われる。
確かに、こんな馬鹿共に刺されて死ぬのは損だ。
あの世に行く前に
「俺は何をやってんだ・・・」と後悔するかもしれない。
自分の中の何がそうさせるのか分からないが、どうしても我慢ならん!

モラルやマナーの欠如、
軽微な犯罪を放置し続けると深刻な犯罪社会を生む。
無関心は犯罪よりも大きな問題なのです。
こんなおやじを放置しておくことは、絶対に許してはならない。



theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

東京オリンピック

どうして東京でオリンピックをやるか理解できない。

オリンピックを開催して、たった2週間のお祭り騒ぎのために、
政官業が暗躍して箱モノに税金を投入し、
終わってみれば、残るのは、ピカピカの誰も利用しない箱モノと、空虚感と、膨大な借金だけ。

なんでそんなものに立候補するの?
そんなことを考える奴は、私腹を肥すことしか考えてないからだろ・・・。
税金を使うなら、社会福祉だとか教育だとかに回してくれ・・・。

というのが、東京オリンピックに対する一般的な都民の醒めている原因。
とても今回の北京のような盛り上がりは期待できない。

だから逆に、開催目的をはっきりさせ、招致するべきではないだろうか。

開催目的が日本の未来ビジョンを発信すること、
先進国として理想的な都市とはどういうものなのか、
アジアから誤解を受けている日本人の国民性をアピールできる内容であるなら、
私は賛成したい。

昨日も記載したように、日本に足りないのは将来のビジョンです。

新聞を開いても、ニュースを見ても、ネガティブな表現ばかりです。
人間は、「これで良いんだ」と思っていると、必ず落とし穴に落ちることになります。
「まだまだ」と思っている時は、他人の忠告や意見に謙虚に耳を傾けることが出来ます。
どんなに厳しくとも、あと一歩だと思っている人は決して落ち込むことはありません。
将来に向けた目標があるからです。

長いようで短いのが、人生です。
嫌な事や悲しい事がたくさんあります。 
だけど、楽しい事もあります。

国民が楽しめる明るいビジョンを示す機会が必要でなんです。

閉塞感ばかりの日本の中で、東京オリンピックが
生きるべき世界、進むべき方向を打ち出すことができれば、
国民一人ひとりが前向きに考え、行動する良いきっかけとなる気がします。
そんな東京オリンピックの開催を期待しています。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

小田急電鉄さんお願いがあります。

才谷の自宅は、小田急線の沿線。
しかも、新宿から急行で1時間弱の田舎町です。

当然、通勤に小田急線を利用いたしております。
下北沢辺りの複々線工事のお陰で、以前より車内の朝の混雑が幾分改善され、
相変わらず、玉川をこえてからのチンタラ運行を除いては、ストレスが少し減少しました。

通勤電車での未だ解決されていないストレスの1つを聞いていただきたく・・・。

才谷は、弱いくせにお酒が好きなんです。
一人で飲んでいれば、時間の調整もききますが、
同僚と飲んでいれば、議論、グチに馬鹿話。
とりあえずビールから始まって、日本酒、酎ハイ、ウォッカへ。
その辺まで行くと、終電のことなんか全く気になりません。

京王線沿線に住んでいる同僚は、「じゃ!」と言ってバスに乗り込んでしまいます。
京王電鉄さんは、可哀相な酔っ払いのために、深夜バスを運行してくれているのです。
なんて沿線住民に優しいサービスなんだ。

赤ら顔の私は、新宿駅で呆然としてしまうのです。
「どうしよう・・・・。」
状況判断のつかない私は、名犬ラッシーのごとく、
我が家めざして少しでも自宅に近づこうと、電車にヨタヨタ乗ってしまいますが、
当然、途中の駅で「終点です、・・・・方面の電車は終了しております。」
のアナウンスに起こされ、しょぼしょぼその駅の改札を出ることになります。

タクシー乗り場の行列を見た瞬間、しらふに、現実の厳しさにガッカリ。

PM11:30までに電車に乗らなければならないなんて、早すぎるでしょ。

終電の時間を延ばせないのなら、
せめて、せめて京王電鉄さんを見習って、深夜バスを運行してもらえませんか?

国土交通省勤務ではないので、タクシー代は痛いんです。(泣)


ポチット押してつかーさい!

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。