スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの選択。

来月末まで覚えておかなければならない為の、単なる私的なメモです。

日本の刑事裁判は絶望的な状況ですね。
法で人を裁くべき立場の人間、それも最高裁というトップレベルの方達が、
権力(金)の前に土下座しているようでは・・・・。

植草元教授実刑確定 最高裁上告を棄却 : 最高裁判所判事 / 近藤崇晴 ×

高知の白バイ事故 : 最高裁判所判事 / 今井功 ×

三井環(元大阪高検公安部長)氏の「口封じ逮捕事件」 : 最高裁判所判事 / 中川了滋 ×

国民がきちんと意志を表明しなければならない重要な選択の一つです。


スポンサーサイト

theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

馬鹿な兄ちゃん、姉ちゃんに告ぐ!

 暑中お見舞い申し上げます。

梅雨の不安定な天候が続く毎日、世情のほうも、みぞゆう首相が解散だ、
将軍様のお世継ぎがテポドン発射だ、我が家のエアコンが今年こそはダメそうだと、
更に暑苦しいニュースでむせ返っております今夏、熱帯夜の記録が更新されそうですが、
長引く不況の中、皆様には変わらずご健勝のことと大慶に存じ上げます。

久方ぶりの更新となりました。

こう不景気が続きますと、愚痴のひとつも申し上げたくなります。
温暖化のおかげでしょうか、ここ数年の夏の暑さが、いくらかの救いと申せます。
冷夏ですと、ただでさえ自給率の低い農作物の価格は吊り上り、
エアコンは売れない、給料は上がらない、
カミサンが不機嫌だ、の負のスパイラルの完成です。

先にも申し上げました、みぞゆう首相が、本日衆議院の解散を宣言しました。
今朝のモーニングショーでは、民主党が政権をとることを前提に、
「どんな政策をとってほしいですか?」
・・・・と、そこらのお兄ちゃんやお姉ちゃんにインタビューをしておりましたのを、
新聞を読みながら聞いておりました。

順番はよく覚えておりませんが、
福祉予算を上げてほしい。
少子高齢化問題に取り組んでほしい。
年金制度を整備してほしい。
雇用を安定させてほしい。
トップは、景気対策でした。

上の4項目はさもありなん。
しかし、トップの「景気対策」には異議ありです。

今の世の中で、よく「経済復興」という言葉が使われるが、
どこへ戻せばよいのかが一向にはっきりしない。
まさかバブル経済のピークに戻せ、というわけではないだろう。
戦後、日本人があこがれていた物の豊かさはとっくに手に入れた。
不況といわれる今でも、日本は十分に豊かだ。
だいたい、経済復興なんて、ホントにミンナ期待しているのでしょうか?
だとしたら、一刻も早く、現実をきちんと見まわすことです。

それでも、一般庶民の生活は苦しい。
だから「景気対策」と訳も分からず、この言葉を使っているのだろう。
「景気対策」と称して、ついこの前、みぞゆう自民党が行った、
「定額給付金をもっと出せ!」とか、
「道路をジャジャン長くしろ!」とか、
そんなご無体なことを民主党政権に望んだらまずいんじゃないですか?

政権交代後の日本人のあるべき方向は、
精神的に豊かになることを目指すべきではなかろうか。
モノの豊かさを求めるから、「景気対策」などと、夢まぼろしの事を口走る。
日本人サラリーマンの平均年収が500万円なら、
その年収で最低でも子供二人をきちんと大学まで卒業させられる。
病気になっても、定年退職しても夫婦二人で生活していける。

要するに、セーフティーネットの整備をして、
きちんと仕事をする国民に安心感を与えることが、
ゼッキョー元ソーリがぐちゃぐちゃにした現在の日本の政策に、最も重要なところです。

よって、政権交代後に求められる政策は、「景気対策」ではなく、
日本で生活する高額所得者への増税です。
日本人のみでなく、日本で生活する外国人に対しても同様です。

「金持ち増税」を公表すれば、金持ちたちは税金を払うことより、
節税すること、消費することを選ぶはずです。
会社を作って奥さんを代表にしたら、
その奥さんの所得に制限を加えて、奥さんからも所得税を徴収しましょう。
眠っている金が消費に回れば万々歳です。
外資に吸い取られるよりどんなに良いことでしょう。
定額給付金を配っても、サラリーマンの消費を刺激するなんてことは無理ですから・・。
消費税率を引き上げたら、景気の冷え込みが加速します。
円を刷ったら、国際的な信用ががた落ちです。
一部のお金持ちが強力に反対するでしょうが、
衆議院で民主党が過半数を獲得したら、すぐにでも出来る法案です。
90%の国民が、必ず後押ししてくれることでしょう。  

日本で生活する高額所得者は、これから10年ほど、少し我慢してもらいましょう。
たくさん納税した人には勲章でも出してあげましょう。

「天下り」の根絶も必須条項です。

要するに、赤字国債を発行せずに、広がりすぎた格差を縮めるための最大限の努力をすることが、
民主党政権が負わねばならない政策なのです。

「景気対策」であってはならない。
将来に膨大な負の遺産を残すような政策は、身勝手すぎると思いませんか?



theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

朝からうんざり。

休日の朝刊をゆっくり眺めて、未だにメディアの報道内容が
民主党への異常攻撃にうんざりする。特にひどいのが産経新聞。
「小沢氏の説明責任・・・」
「政治と金の問題に蓋をしていいのか」
・・・うんぬんかんぬん・・・。
西松建設問題では、漆間発言どおり、自民党関係議員の責任問題については完全にフェードアウト。
自民党の説明責任も、せめて並列で誌面構成するべきでは・・・?

今回の民主党 党首選についても批判記事ばかりだが、
じゃあ、小泉離任後の自民党のお坊ちゃま総裁トリオ全滅の総括、
及び説明責任のほうが、国民にとってはよっぽど重要です。

自分たちの利権だけに焦点を当てず、日本の現況を見てみれば、
何を報道しなければならないのか、このまま自民党政権を継続していいのか、
もし継続した場合、これからの4年間、日本がどのような状況になるのか・・・。
民主党への一方的な攻撃だけでなく、冷静に報道してもらいたいものだ。

クライスラーに続いて、GMも米国内の販売店の40%を契約打ち切りを表明し、
破産申請は時間の問題のようだ。
これも、海の向こうの話だと無関心ではいられない。
実際に私の周りのGM関連の外資企業は、無慈悲なリストラを断行中です。
それはそれは、ひどいものです。
従業員、取引先に対する脅迫が公然と行われています。

そんな米国の衰退を横目に、中国と台湾の通貨統一が合意されています。
日本企業と中国企業の輸出入も、ドル建てでなく、人民元建てになっています。
この流れは、近々にアジア全域に拡大されることだと思います。

一方、日本の人口構成は逆三角。
現状継続で明るい将来が見えてくるのでしょうか?
逆三角形の土台をまず固めなければ、歯槽膿漏の歯のように、
ボロボロになって抜け落ちるのが見えないのでしょうか?
目先の利権のみで、目をつぶっていたら・・・、
モルヒネを打って痛みをごまかしても・・・、
現実は目の前にあるのです。

国民が現況を自覚し、恐れずに目をちゃんと開ければ、
日本の仕組みを、もう変えなければならない時期に来ていることは明白です。

確かに、民主党は頼りない印象は歪めません。
民主党の基盤が複雑なので、安定政権にはならないでしょう。
しかし、何回か振るいを掛けていかなければ、
まともな至誠を持ち合わせた政治家が現れません。

その為の、将来の日本のために政権交代をさせる必要があるのです。
自民党でも民主党でもない第3極をネット住民から形成する必要があるようです。

--- 東洋思想化 安岡正篤氏の言葉より抜粋 ---

正義は往々自己の不利に見えるところが少なくない。
しかし結局、正義が真の利益である。
 
自ら信ずる正義の為に、不利はおろか、時には死をも辞せぬことが、
人間の貴い道徳であり、権威である。
 
この信念と気節とが、一切の困迷を救って、
国民の新運命を開く鍵(かぎ)である。

この信念と気節のある人々が
国民の指導者に輩出するほか、日本を救う道はない。

---------------------------------------------------------


PS:どうでもいいけど、文章の一番下に「スポンサーサイト」なるものが
   勝手に表記されてしまいます。どうやったらはずせるのでしょうか?
   知ってる方がいたら教えてください。お願いいたします。



theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

もし衛星軌道にノッタラ・・・。

国内のマスメディアは、オザワン陥れ計画に必死になっているが、
完全にこの計画は失敗です。

北朝鮮の人口衛星(?)発射計画にもっと注意を払う必要があるんじゃないでしょうか?
馬鹿な国民の注意をこちらに引き付け、オザワン問題は静かに収束させた方が、
宜しいんではないですか?検察諸君!
自民党に捜査の手が及ばないのであれば、
逆に、自民党の信用が失墜する事をそろそろ理解するべきです。

今回打ち上げられる北のロケットが、人口衛星目的だなどとだれも信用していませんが、
百歩譲って、人工衛星だと騙せたとしても、
そもそも、北朝鮮は宇宙条約に加盟しておらず、人工衛星の打ち上げ資格がありません。

北朝鮮の朝鮮中央通信は16日、「宇宙開発は自主的権利」だなどとのたまっておられますが、
宇宙条約に加盟していないという事のであれば、
「打ち上げられた宇宙物体が他国に損害を与えた場合、
打ち上げ国には無限の無過失責任が発生する。」
という罰則も適用外となってしまう。
万一、切り離された残骸が他国の領土に落ちてきたとしても、
損害賠償請求は出来ない訳です。

もし、本当に人工衛星だとして、
北朝鮮の人工衛星が、地球低軌道や静止軌道をグルグル回っていることをご想像下さい。
核弾頭を密かに搭載していたとしたら、どうでしょう・・・。
静止軌道においては、各国の通信衛星や気象衛星、放送衛星が破壊されます。
低軌道で周回した場合、地表との距離は一番近いところで、200kmです。

これは、打ち上げてから制裁措置を取っても遅い。
打ち上げた瞬間に撃ち落とさなければならない代物ではないですか?
何の躊躇も必要のないことだと思いますが・・・。

最悪のケースとして、人工衛星だと言いつつ、
日本に着弾させる目的のロケットかもしれないという可能性も否定できない訳です。

全世界を相手にユスリたかりが可能になるのです。

日本の政治家の皆さん!
もう少し、国のことを考えませんか?



theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

起訴されたら99%有罪

佐藤優 国家を斬る佐藤優 国家を斬る
(2007/10)
佐藤 優宮崎 学

商品詳細を見る


国策捜査被害者、佐藤優氏の実体験です。

・・・以下転載・・・

国策捜査というのは、本当に仲間を切り崩していくんです。

(中略)

しかも彼らは、でっち上げていると言う意識すらありません。
彼らの曲がった目、特殊な眼鏡からすると、確かにそういう犯罪があるように見えるのです。
いったんあると決めて、それを毎日念じていると、自ずから紙の上から、犯罪が浮かび上がってくるというのが国策捜査の構造なのです。

(中略)

日本の裁判で起訴された場合、何パーセント、有罪になるか、
この比率がすごいのです。99.9%なのです。

(中略)

この99.9%というのは、スターリン時代のソ連の裁判よりも高いのです。

・・・転載おわり・・・

国策捜査の実態を国民に知らしめてくれたのが、
佐藤優氏や植草一秀氏である。

彼らの体験談から、小沢一郎代表の公設第一秘書大久保隆規氏の現在の境遇を推し量ることが出来る。マスコミは彼の名前の後ろに容疑者と明記しています。
完全に推定有罪を演出しています。

官僚の暴力に対して、私は何も出来ませんが、
こんなブログでも発信せずにはいられません。
司法の現状に対して、深刻に考えなければなりません。
明日は、本当に我が身に降りかかってきますよ・・・・。


体制側の裁判官や外務官僚の実名を上げているので、
衆議院選挙の前に上記の本を読んで、裁判官の名前を記憶しておいてください。


theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

自民党の番人

オザワンをハメタ奴が自ら名乗り出てきました。

漆間巌官房副長官

「西松建設の献金事件で(東京地検が)自民党の方までやることはないと思う」

・・・って、なんであんたが、そんな事を断言できるんですか?
東京地検がもし、まともなら、自民党に及ばない方がおかしいだろう。
自民党の長期政権で、日本の三権分立までも腐食してしまっていることになる。

漆間の発言は、
「僕が裏で手引きしましたから、自民党には類が及ばないように東京地検に念を押しておきました。」
・・・って白状しました。

会社にもよくいますよ。  こういう輩が・・・。
仕事の内容は、対立派閥の足を引っ張ること。
会社の業績を上げることより、社内の自分のポジション確保に汲々として、
対立派閥の弱みを握って追い詰めると、
自分の手柄を誇示したくて、自分の悪行をポロっと喋っちゃう馬鹿。
会社のトップには絶対になれない、なろうとも思っていない小心者。
会社の癌細胞。どんどん転移して会社を硬直化します。
早期発見、切除が大変重要です。


また、政権の意向に左右される地検なら、これほど恐ろしいことはありません。

オザワンの秘書逮捕は、米国に仕込まれたものだと思っていましたが、
仕組んだのが漆間だとしたら、
オザワンには、徹底的に戦ってもらわなければならない。

前言を撤回します。

これを見過ごして、自民党政権が延命した場合、
言論の自由も封殺される世の中になる危険性が充分に考えられる。
反政府発言をしたらすぐ逮捕・・・なんてミャンマーじゃないんだから。

野党は、徹底的に、この漆間発言の根拠を追及してください。
「してください。」 ではなくて、「しなければならない。」

日本の司法が、自民党の番人になってしまっているのなら、
やはり、政権交代をして裁判官の入れ替えをする必要性までも炙り出されてきた・・・
という重大な発言なんです。

もう漆間を切除するだけでは、済まない問題です。


theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

アソーさんへの提言

小泉さん、いい加減にせーよ。

大体あんたは何しにロシアくんだりまで国費を浪費して行ってるんだい。
受け入れる側だって迷惑だろうに・・・。

例えば、私の会社に 引退を目前に控えた地方の取引先の役員が、
派閥の部下を引き連れて挨拶に来たいとの申し入れがあったとする。
その役員が、すでに自分の会社の主流派でなかった場合、
なおかつ、その傲慢さから自社での評価が低い役員だった場合、
どの会社でもよくあるシチュエーションだと思うが、
勿論、お断りするわけにはいかないが、
お目にかかっても、話題に細心の注意をしなければならず、仕事の話は出来ない。
その人の自社に対する愚痴など聞きたくもない。
なるべく早めにお引き取りいただく事を考えるのではないだろうか?
更に、その会社の経営状態が悪い中での経費の無駄遣い。

小泉さんの行動は、それと一緒。
さっさと引退してください。

それにロシアからの遠吠えとは、ブルブル震えた野良犬に見えて、何とも情けない。

アソーさんに提案です。
彼を脅すのには今がチャンスです。
「カンポの宿」の不明朗な点を徹底的に追求して、支持率を回復したのち、
「小泉さんに同調するものには、次回選挙での公認を与えない。」
・・・と言ってみてはいかがでしょうか?
騒がしいチルドレンを黙らせましょう。
息子を人質に取っていることも忘れずに・・・。

新自由主義者の粛清は、国民の支持を取り付けるのに絶好の種ではありませんか。
刈り取るには充分すぎる状況証拠が、これほど揃っていて、手を打たないのであれば、
あなたも国民から疑念を抱かれる結果になりますよ。
官僚との立場を逆転させるのにも、良い機会だと思われます。

あなたに至誠があれば、何でも出来る状況です。
アル中の大臣のことなど、気にしてません。

少しは、大阪の橋下知事を見習いなさい。
彼はきちんと仕事の手順を理解しています。
(たいした手順ではないはずですが・・・。)
今朝のニュースでは、大阪市民の7割の支持を受けているとか・・・。
国民の支持を受ける手順を踏まえれば、役人を使いまわす事が出来るのです。
公認から外すと言われても、チルドレンみたいにビクビクする必要はないのです。

能力がないからビクビクしている訳ですから、
国民からすれば、税金で給料など払う値打ちがないということです。

それをしとかないと、自民党は野党第1党からも脱落すると思いますよ。
下野する前に身辺整理をしておかなければ、きっと後悔します。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

戦争のない世界

世界の変革の時期に整理しておかなければならない大問題。
世界の平和を拒んでいる戦争の脅威。

現在の戦争は、正当化メカニズムとして機能している。

その戦争が正当か否かは、その抑圧的暴力の効果、要するに暴力による秩序の回復、維持に
貢献できたかどうかにより判断されている。
肯定される戦争などあり得るはずもないにも拘らず・・・。

悲しいかなこの現実は、無視することも消えてなくなることも期待できない。
(平和ボケした日本人には、その脅威を受け止められない方がたくさんいるようだが・・・)

暴力による抑圧は、隣国でも平然と行われていることに目をそむけるのは、おかしなことだ。
北朝鮮が楽園に見えているのだろうか?
中国のチベットや、ウイグル族は、抑圧の中で幸せに暮らしているだろうか?
自国の利益の為には何でもありの国を隣国に持ち、
絶対に日本が抑圧的な暴力にさらされることはないと、誰が断言できるのだろう。

今のところ、米国の新大統領には、戦争に舵を切る気配は見えない。
しかし、米国経済がこの半年の内に回復の傾向が見られない場合、
更に悪化した場合、どういった決断に押し流されるか分からない。
そういった局面で、日本の政治家は米国への追従を断固、拒絶できるだろうか?

米国主権の中では、どんな正当に思える詭弁を弄しようと、
戦争が米国の主要な役割を担い、政治の基礎を形成し、
政治的・経済的目標を追求する為の手段であることは事実である。

日本では来るべき時(来ないに越したことはないが)の為に、備えるべきだと思う。
まず第一に必要なことは、日本が民主主義国家になること。
第二は、それを踏まえたうえで、軍事力を絶対的に政治に従属させる法案を確立すること。
第三は、さじ加減が難しい問題だが、軍事力を防衛の為にしか使用しないことを
世界に向けて宣言すること。
国内ではこの「防衛」に対して拒絶反応を示す。
それも分からないではない。
今までの戦争の歴史の中では、「自国防衛」を名目にした数多くの侵略が行われてきたから。

日本で言えば「大東亜共栄圏」がそれにあたるし、
ドイツでも1938年、ナチスによるズデーデンの占領、
ソ連はハンガリー、チェコスロバキア、アフガニスタン侵攻など、
自国防衛という大義名分が掲げられた。

しかし、第一、第二と共に第三の自衛権は確立しなければならない。
隣人や家族が理由もなく強制連行されるような状況にならない為に・・・。
それらを踏まえたうえで、第4に、軍事力とは対照的な国家、国民の意識を形成すること。
その方法論は色々あると思うが、
例えば、日本の終戦記念日から1週間は、全国民(在日外国人も含め)強制参加の反戦イベント
を行い、そのイベントに各国の民間人を招待し、全世界に向けて、戦争の無益性や、日本国民の非戦の意志を発信する・・・とか。

上記4項目が日本に浸透したとき、政治・経済システムに組み込まれた戦争を止めることも、
夢物語ではなくなるのではないだろうか。




theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

テロの可能性?

厚生省の2人の元官僚トップが18日、相次いで惨劇に巻き込まれるという事件が起こった。

マスコミは、テロの可能性ウンヌン・・・?
テロって、国家権力に対する報復?粛清?
いくら現行の年金制度の創案者だとはいえ、
すでに現役でなく、何回か天下りを繰り返している二人に対してテロって有なんだろうか?
だって、現在の年金受給者で被害を受けているのは誰?
あと15年もすれば、被害者はいっぱいいるだろーけど・・・。

犯人が捕まっていないので、憶測で意見を述べるのも何だけれど・・・。
同じ手口で続けざまに被害にあったことを考えると、
同一人物か、若しくは、同じ穴の狢の犯行である確率が高い。
しかも、知的水準の高くない人間の仕業。
どこかの指示を受けての業務遂行型犯行。
この手の犯行で思い起こされるのは、
オウム真理教幹部、村井秀夫が刺殺された事件。
結局、犯人は捕まっても、動機は不明のまま・・・。
要するに口封じ。

このお二人とは面識がないので、一緒にくくることはできないが、
元官僚の課長クラスの方は、何人か存じ上げている。
彼らは、退職しても(懲戒免職になっていても)霞が関の近辺(紀尾井町当たり?)
に立派な事務所を構え、
現役時の顔を利用して、役所の圧力を背景に、
民間のコンサルや紹介料などのブローカー業でやたらとエラソーにしている。

よーするに何が言いたいのかと言うと、
現役時代から公僕であることを忘れ、自己保身に気もそぞろ、
多分、欲の皮が突っ張らかっていて
物事の善悪の判断が付いていない人が多いなー・・・という実感を持っています。

私から見ると、火の粉を浴びそうで、危なくて近寄りたくない。
東大出のエリートだったんだろーが、
欲が強すぎて、至誠が全くないのに、エラソーにしてられる仕組みはオカシーだろ。
社会経験を積んだ人間でなければ、1種試験を受けられなくしたらどうだろう。
公務員制度改革に入れた方が良いと思います。

今回の凶行は、そーした流れの中にあるような気がします。

ご冥福を祈ります。

拝。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

浩然の気

今年の4月の終わり頃から始めたこのブログ。

始めたきっかけは
日本の民主主義が自民党の一党独裁政権により失われ、
「自由」が支配階級のみのものとなりつつあり、
その他大勢の国民には、生活インフラは不自由なくなったが、
社会が分断され、、「個」だらけになった日本の社会、自分の身の回りの環境の中で、
常にあやふやになりがちな自分の「志誠」を検証することだった。
民主主義を取り戻す事が、腐敗する運命にある絶対権力を掣肘するという
重大な社会的功能があると10年程前から感じていた。

ギリシャ、ローマ、中華帝国の歴史を振り返れば、
1党独裁が民主主義を後退させていく世界史の現象ですから・・・。

自分のブログを始めてみると、他人のブログが気になる。
下手な小説や、マスコミで取り上げられるベストセラーより面白いブログがある。

特に目を引くのが、どこからネタを引っ張ってくるのか知らないが、
情報系のブログで、今、旬の政治ネタをたくさん持っているブログのアクセスが凄いようだ。

通常、知り得ない情報をいち早く掲載しているわけだから、人気が出るのは当然だ。

ただ気になるのは、そういったブログをいろいろ見比べていると、
何故か自民寄りのブログに、通常知り得ない情報を流しているブログが多いことに
気づかれている方も多いと思う。

また、そういったブログに何の疑問も持たずに賞賛のコメントを寄せている
善良な(?)方たちが多いことにも驚かされる。

一般に、知り得ない情報を入手するという事は、
意図をもって、その筋の方たちから聞き出すか、
意図をもった方たちが流してくれと頼まない限り、情報は手に入りません。
当然そういった情報は、今問題になっている「記者クラブ」同様、
世論操作が主目的であり、衆議院選挙があるかもしれない今、
民主主義への気概を持った方たちは、選別基準を持ってもらいたい。

メジャーマスコミですらいい加減なんですから、気をつけましょうね・・・。



theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。