スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマータイム制で誰が得をするのか?

2010年をめどにサマータイム制を日本に導入しようという企みのはなし。

省エネを大義名分に年中法案が提出されているようですが、
カナダみたいに日没が午後9:00とかなら、まだ分かるが、
この制度が日本に必要だとは思えない。

そもそもサマータイムと言うのは、
1年を二つの時刻で分け、夏の時刻を1時間早めると言うものです。
年に2回も時刻変更となると、これは大変だと思う。

いまや生活の一部となっているコンピュータの誤作動も心配だし、
大雨が降っても混乱する都市部の交通機関が対応できるとは思えないし、
自宅の時計を一個づつ変えることを想像するだけでぞっとする。

録画したつもりのサッカーの試合が後半戦しか録画されていなかったり、
炊飯器のタイマーが狂っていて、炊き上がるのを1時間ジッと待っていたり、
自分の体と時計を調整するだけで夏が終わってしまう気がする。
さらにいえば、夏の夜明けは早いから、早起きをしてラジオ体操をしたり、
そんな夏の到来を春に感じてウキウキしたり、季節の移ろいを楽しむことが出来ることが、
日本人にとって、大変重要である。

やるんだったら、会社単位で勝手に取り組めばいいだけの話で、
国民全員に強制するような話じゃないだろ。

多分、日本国民のほとんどが、こんな法案ドウでもいい・・・ともってるんだろうが、
高を括っているうちに、身動きが取れなくなり、
とんでもない方向に流されてしまっているのが、
現在の日本の現状である。

「個人情報法保護法」や「裁判員制度」など、国民の関心の薄いうちに
いつの間にか成立・施行されてる昨今。

法案ひとつづつ、国民一人一人がチェックしないと、危なくてしょうがない。
取り返しがつかなくなる前に、無駄で無意味な法案は皆で反対しましょう。
この無駄で無意味な細かい法案が、日本人の血税をじわじわ蝕んでいるんです。

環境税を搾取し、天下り団体を増やそうとしている厚生省の悪知恵には
もうハメラレナイぞ。

スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

JTさんガンバッテください。

たばこ1箱1000円」にしようという話。

私は喫煙者ですが、今とっても肩身が狭い。
偏屈者なので「やめろ!」と愚妻から言われれば、言われるほど止めない。
男の威信にかかわるからだ。
だけど「私たちをフクリュー煙でガンにするつもり?」と詰め寄られてからは、
ガス台の下へ換気扇を回してたしなみ、
「換気扇が汚れたら、自分で掃除してね!」と言われてからは、
ベランダでたしなんでいる・・・ここまでくると男の威信もヘッタクレもない。

意地で吸ってるタバコだけど、さすがに、一箱1000円はイタイ。
現状ペースだと、1日/1箱だから、1ヶ月で3万円。1年間で36万円です。

それでも止められないだろうと、馬鹿にされているような気がするので、
1000円になったら、意地でもやめます。

・・・・という、喫煙者が相当増えることでしょう。

「税収が増える」なんていってる奴がいるみたいですが、増えるわけねーだろ。
サラリーマンのお父さんは、お昼ご飯を我慢しなければ吸えなくなるんだから・・・。

税収が増えると言ってる奴は、多分フリーメーソンの回し者でしょう。
日本たばこ産業を弱らせて、また、乗っ取りを企んでるんでしょうね。

JTの毒ギョーザもあれだけ騒いで、政府自民党が全く突っ込まないのは、そういうことなんでしょう。
「白い恋人」や「赤福」程度ならまだしも、次の標的は日本たばこ産業ですか。
ホントに欲が深い。
日本たばこ産業さん、無理とは思うけど、気をつけてね。
従業員4万5千人の命運がかかってますよ。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

戦後史上最悪ソーリ

何だか今日は虫の居所が悪い。

今朝、知人の老人ホームにいるお父さんが、腹痛で病院に運ばれ、検査の結果、
腸の中から丸まったサランラップが出てきた・・・という話を聞いた。
ホームの現場では、1人の介護士が8人の老人の食事の面倒を見ているという。
介護士も可哀想で、とても家族が文句を言えるような状況ではないらしい。
大事に至らなかったので何よりだが・・・。

この件もしかり、
ウナギやの件も、グッドウィルの件も戦後史上最悪の絶叫ソーリにつながってくる。

冷戦構造が崩れ、バブルが崩壊し、経済成長が止まって、社会に閉塞感が漂ってきたときに、
「日本再生」を謳い、自民党をぶっ壊し、構造改革をするといって登場したのが、
中味のない大衆迎合政治家コイズミである。

国民は、身の回りの閉塞感を取り払ってくれるものと、マンマト騙された。

このゼッキョー内閣は、アメリカ崇拝自由主義に基づく、聖域なき規制緩和により、
米国経済を支えることに重点が置かれていたため、国債を30兆円に抑えると公約しておきながら、
結局、200兆を超える国債を発行し、国民にその負担を押し付けた。

アメリカに吸い上げられた日本国民の血税は、
グローバリゼーションの名の下に日本企業を乗っ取る資金となり、
国内の格差が更に拡大し、凶悪犯罪が多発する、完全にアメリカが今まで悩まされてきた問題を、
そのまま日本に再現させてしまった。

戦後史上最悪の絶叫ソーリが持ち込んだ市場原理主義が、
日本に合うものだったかどうか、答えは明白である。

儲けのために手段を選ばず、社員は使い捨て、欲しい物は力づくで奪い取るという、
人間性を軽視した、果てしない欲望に取り付かれた金権主義者が日本にはびこり、
アメリカに血税を貢ぎながら、その赤字国債を削減する為とバカな理由をつけて、
社会的弱者の切捨て法案を、数に物を言わせて次々に強行採決して、
日本人の精神性までズタズタにしやがった。

日本人は言わずもがな、DNAは農耕民族である。
有史以来2000年以上、小さな畑を一生懸命耕し、収穫し生活してきた。
自然お恵みに感謝し、勤労と備蓄と節約を尊んできた。
質素で謙虚で純粋な日本の精神文化が育まれてきた。

そのDNAが絶叫ソーリになるまで世界トップの個人貯蓄率を誇ってきた。

エサを追って捕食しながらその日暮しをしてきた狩猟民族と根本的に違うんだい。
狩猟民族はエサ貯蔵がきかないから、一生懸命節約したり、備蓄したりする観念がない。
エサがなくなれば、場所を変えるだけだ。
この労せず、その日暮しの精神構造が、現在では短期で金儲けが出来る株や、
不動産投機となり、相手の弱点を突いて会社を楽に乗っ取るM&Aにつながってる。

絶叫ソーリは、グローバル化に対応できないやつが悪い、
と切って捨てることだろう。
しかし、コイズミ改悪により、日本国民の個人の可処分所得が改革前の3分の1に低下し、
世界のトップを誇っていた個人貯蓄率が、ドイツ、イタリアよりも低くなったことに対して、
どう申し開きが出来るのか、是非聞いてみたい。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

菊と刀

ここ1週間での食品業界へのダメージは相当だな。

我が家でも「毒餃子」以降、なるべく国産の食材を選んで買おう!
ということになっていた矢先の
船場吉兆に、
飛騨牛の産地偽装に、期限切れ肉をミンチにして販売常習犯の丸明。
丑の日を直前にしての鰻の産地偽装していた魚秀。

船場吉兆には私のような貧乏人には縁がないからいいとして、
ミーとホープの社長も含めて、対応が全て同じだった。
「やってない」
「知らない」
「ウチのせいじゃない」
「従業員にはめられた」

消費者をだまして金儲けしか頭にない連中だから、
対応が同じなのは当たり前か・・・。ハァー。

儲かるならその稼ぎ方は一切問わない拝金主義の食品業界の経営者どもよ、恥を知れ。
額に汗せず、金儲けだけに執着することは、日本人の感覚では卑しい行為としてきた。
「日本の欧米感染」により、慎みや品性を失い、カネで何でも思い通りになると勘違いした
卑しいクズどもは、僻地で汗水たらして畑を開墾して労働して来い。
少しでも日本の食料自給率に貢献せい。
ルース・ベネディクトの「菊と刀」も忘れずに持ってけよ。
お前たちの必読書だ。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

集団的自衛権って?

産経新聞の「主張」から抜粋

*** 以下転載 ***

日本が、自国の安全を守り、国際平和に協力していくためになすべきことがようやくまとまった。集団的自衛権に関する政府の「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が福田康夫首相に提出した報告書の意味合いは大きい。その実行には日本の命運がかかっているといっても過言ではない。

 報告書の核心は、集団的自衛権行使を認めないとする政府解釈では新たな安全保障の重要問題に適切に対処できず、従来の憲法解釈を変更せねばならない、と明記したことだ。政府の懇談会が憲法解釈の見直しを求めたのは極めて異例だが、日本が国際社会の常識と著しく遊離していることが国家存立の基礎を損なう事態になっていると認識すべきである。

 懇談会は昨年4月、安倍晋三前首相から、(1)米国を狙った弾道ミサイルをミサイル防衛システムで迎撃(2)公海上で並走中の米軍艦船が攻撃された際の反撃(3)国際平和活動を共にする友軍への攻撃に対する反撃(4)国際平和活動に参加する他国への後方支援-の4類型を検討するよう指示された。

 報告書は(1)と(2)に対し、従来の憲法解釈を変更して集団的自衛権行使を認めるよう求めたほか、(3)と(4)も「武力行使との一体化」にあたるとして認めてこなかった解釈を変えるよう提起した。いずれも妥当な判断だ。評価したい。

 問題は福田首相の対応だ。懇談会は福田政権に代わってから、休会状態になっていた。今回の報告書に対しても、首相は「よく研究したい」と述べるにとどめた。

 首相の関心の薄さは、昨秋、集団的自衛権の行使問題について、「扱いは十分慎重でなければならない」と述べたことにうかがえる。公明党などに慎重論が強いことに加え、衆参両院の意思が異なるねじれ状況を踏まえてもいるのだろう。

 しかし、報告書が「先例墨守や思考停止の弊害に陥ることなく、憲法規定を虚心坦懐(たんかい)に見つめ直す必要がある」と訴えたことは重く受け止めるべきだ。自衛隊が友軍を助けられない現況は「常識に反し、国際社会の非難の対象になりうる」とまで記述されている。

 日本は当たり前の国として日米同盟関係を強化し、国際社会とともに生きることがなによりも求められている。非現実な憲法解釈を見直して国民や国益を守ることは国家の責務であるからだ。

*** 転載おわり ***

外務省のお人好しの希望的外交は、侮られるのみで、正常な友好関係の構築などあり得ない。

日本を取り巻く領土問題を考えれば、
討議すべきは、アメリカを援助するための「集団的自衛権」ではなく、
「個別的自衛権」であろう。

北方4島は、終戦直後、日本が大混乱する中でソ連がどさくさに紛れて択捉、国後、色丹、歯舞と周辺の島々を実効支配し、日本人住民を強制退去させた。
国際法上認められていないにも拘らず、占領を続け、
いまだに日本領海内で日本漁船に発砲してくる。

竹島にいたっては、江戸時代から幕府の経営支配下となっていたものを、第二次大戦後、
GHQが、竹島を日本の行政権から外した。
これが竹島問題の起因であり、韓国に付け入られた。
しかしGHQの竹島に対する発令は行政権の停止であり、領土権を日本から取り上げたものではない。

東シナ海のガス田についても、江戸時代後期から、日本が実効支配し証拠も揃っおり
第二次大戦後の中国の「人民日報」でも日本の領土と認めている。
中国は、ガス田を自国のものにする為、東シナ海に軍艦をならべるぞ!
と日本を脅してきたのは、昨年の秋のことだったじゃないか?

領土問題は、主張すべきをきちんと主張しないと、
抜き差しなら無いことになり、
大幅に国益を損なうか、戦争に突入してしまう。
鈴木宗男氏以外、領土問題を真剣に考える政治家はいないのか・・・。

呑気な日本人は、其の内、全世界統一平和国家が出来るとでも本気で思っているのでしょうか。
対話で中国との真摯な友好関係が築けると思ってるんでしょうか?

そんな事を夢想する前に、
日本人が安心して日本で暮らせるように、
自衛を目的とした、他に回避手段のない場合の先制的な攻撃ができる憲法に改正すべきだろう。
周辺諸国からこれだけ脅されるのは、日本に攻撃される心配がないからに他ならない。
中国の属国になる決意があれば別だが、
中国や韓国相手の外交は、その方法以外には考えられない。

周辺諸国に脅されない体制を整えた上で、
日本を見本とする平和国家を増やしていくべきと思う。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

東京オリンピック

どうして東京でオリンピックをやるか理解できない。

オリンピックを開催して、たった2週間のお祭り騒ぎのために、
政官業が暗躍して箱モノに税金を投入し、
終わってみれば、残るのは、ピカピカの誰も利用しない箱モノと、空虚感と、膨大な借金だけ。

なんでそんなものに立候補するの?
そんなことを考える奴は、私腹を肥すことしか考えてないからだろ・・・。
税金を使うなら、社会福祉だとか教育だとかに回してくれ・・・。

というのが、東京オリンピックに対する一般的な都民の醒めている原因。
とても今回の北京のような盛り上がりは期待できない。

だから逆に、開催目的をはっきりさせ、招致するべきではないだろうか。

開催目的が日本の未来ビジョンを発信すること、
先進国として理想的な都市とはどういうものなのか、
アジアから誤解を受けている日本人の国民性をアピールできる内容であるなら、
私は賛成したい。

昨日も記載したように、日本に足りないのは将来のビジョンです。

新聞を開いても、ニュースを見ても、ネガティブな表現ばかりです。
人間は、「これで良いんだ」と思っていると、必ず落とし穴に落ちることになります。
「まだまだ」と思っている時は、他人の忠告や意見に謙虚に耳を傾けることが出来ます。
どんなに厳しくとも、あと一歩だと思っている人は決して落ち込むことはありません。
将来に向けた目標があるからです。

長いようで短いのが、人生です。
嫌な事や悲しい事がたくさんあります。 
だけど、楽しい事もあります。

国民が楽しめる明るいビジョンを示す機会が必要でなんです。

閉塞感ばかりの日本の中で、東京オリンピックが
生きるべき世界、進むべき方向を打ち出すことができれば、
国民一人ひとりが前向きに考え、行動する良いきっかけとなる気がします。
そんな東京オリンピックの開催を期待しています。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

内閣不支持率

内閣不支持率の数字がメインに取り上げられるのはなかなかおかしい。

*** 以下転載 ***

産経新聞社がFNN(フジニュースネットワーク)と合同で14、15の両日実施した世論調査で、福田康夫内閣の支持率は22・0%と前回調査(4月2、3両日)より1・8ポイント低下、政権発足以来の過去最低を更新した。不支持率も前回より2・3ポイント上がり、61・3%と6割を超えた。

*** 転載おわり ***

政治家全員に対する国民の不信感が強いため、
いつまでたっても、誰に変わろうとこの状態は変わらないだろう。
いまどこぞのテレビ局でやっているキムタクみたいな総理になれば
国民の支持率は絶叫ソーリを上回るんでしょうけど、
不審の原因は、選挙の方法だとか、政治資金の制度の問題ではなく、
あくまで政治家本人の公僕としての適性、倫理感であるので、
というか、国民が問題にしているのはそれなので、
学校生活をより良くするために活動している小学校の生徒委員会の方が
欲がない分よっぽどまし。
よーするに公僕がお金儲けしようとか、
偉そうな顔をしようとか能力もないのに考えることが間違っている。

そんなことを、「政治倫理規制法」なる制度を強化しなければならないなんて、ミットモナイ。

日本が官僚国家なのは、ひとえに政治家が襟を正さないからであり、
政治家に擦り寄る官僚も、業者も、
正面ではモミ手、
振り返ればつばを吐いていること位は理解しているのであろうか。

今の感覚では、政治指導で国家を運営している・・・というより、
厄介者の生活を国民が面倒をみているといった感覚に近い。

対処療法に右往左往するような政治家はもう結構です。

唯一、大阪府知事が府の将来ビジョンを策定するために、
8月下旬にも専属チームを設置するとの意向を明らかにしたそうじゃないですか。

国民が政治家に求めているのは、それです。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

無差別の凶刃

近頃、自己中心的な凶悪犯罪が毎日のごとく。
秋葉原でサバイバルナイフを振り回して、17人に切りつけた今回のキチガイも
江東区で隣のOLを殺害し、死体を切り刻んでトイレに流したキチガイも
派遣で将来の不安定な立場のキチガイによる犯行だった。

どちらも普段はまじめでフツーだった・・・というコメントが後から聞こえてくる。

「多動性人格障害」だろうと思われる。
自分の思い通りにならないと、ぎゃーぎゃー暴れて騒ぐ子供に多いあれです。
通常、物事の判断がつくようになると、症状が減ってくるんだが、
いい年こいて、自分の思い通りに世の中が動かないと、ストレスで自分でも何やってるか
分からなくなってしまう、我侭な子供のまま年だけ重ねている。

そんな究極の自己中の大人がウヨウヨしている。
私の周りにもそんなのがいるので怖くてしょうがない。
今朝も満員電車の中で、ケバイ化粧をした下品な顔のオネーチャンが二人並んで足を組んで
大口あけて寝てた。寝顔は化け物、態度は悪魔・・・救いようがない・・・。

今回の犯行も、裁判では心神喪失で片付けられ、症状が改善して釈放されるのも怖いが、
問題の本質がまったく見えていない、官房長官のコメントがもっと怖い。

こんなキチガイを生み出す日本のシステムに何も疑問に感じない政治家のせいで、
まだまだ、キチガイが量産されてくることだろう。

この事件に対する官房長官のコメントが以下です。

**** 以下転載 ****

 町村信孝官房長官は9日午前の記者会見で、東京・秋葉原の無差別殺傷事件に使われた
サバイバルナイフの規制について「よく考えなければいけない」と述べ、規制強化の在り方を
検討する必要性があるとの認識を示した。

 町村長官は事件について「本当に忌まわしい凶行であり、犠牲になられた方々のご冥福
(めいふく)を心からお祈り申し上げるとともに、けがをされた方々の速やかかなる本復をお祈り
したい」と語った。若者による無差別殺人事件が相次いでいることに関しては「社会全般のモラ
ルが低下しているとか、人と人との関係が希薄になっているとか、よく言われる。一般論的には
言えるかもしれないが、だからといって、こういう事件が起きる説明にはならない」と述べた。

**** 転載おわり ****

孟子對曰、殺人以梃與刄、有以異乎、曰、無以異也、以刄與政、有以異乎、

(解説)
孟子「人を殺すのに棍棒と刀を使うのは、何か違いがあるでしょうか?」
梁恵王「同じですな。」
孟子「では、人を殺すのに刀と政治を使うのは、何か違いがあるでしょうか?」

私からすると、これらキチガイと、与党の政治(?)内容は、根本のところで同じだと思います。
サバイバルナイフの規制を考える他に考えることは無いのか。

究極の自己中のものどもに告ぐ!
秋葉原で善良な国民に危害を加えるより、
国会議事堂か霞ヶ関あたりで大暴れしてみてはどうだろうか。
君たちのストレスの原因はその辺にあると思うのだが・・・。




theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

義捐金はきちんとね。

四川大地震の被災状況をテレビでみて思い出されるのが、
1995年 阪神淡路大震災 と
1999年 台湾の中部大震災の画像が今でも鮮明によみがえる。

天災ばかりは如何ともしがたく、テレビの画像をあっけにとられて見ていることしか出来ない。

台湾の中部大震災の時も海外から最初に駆けつけたのは、日本の救助隊だったと思う。
瓦礫の下から生存者を探し出し、昼夜を問わず救助活動をし、
残念ながら助からなかった遺体の前では、頭を垂れて哀悼の意を示す。
その姿を捉えた画像が、今でも記憶に残っている。
その救助隊が最後に台湾を離れる際、
桃園空港の税関職員が全員総立ちで最敬礼をし、出入国者にも拍手で見送られた。

今回の四川省大震災に駆けつけた日本の救助隊員も同じメンバーだったそうだ。
生存者の救助は、時間がたちすぎていたこともあり、出来なかったようだが、
劣悪な環境の中での救助活動は、テレビの前の想像をはるかに超えたものであろう。

関連のニュースで残念なのは、地震の際、またしても被災者への略奪が行われた事。
しかも、他地域から略奪目的でわざわざ侵入してくるという。

震災当初、華の国の政府が情報を遮断し、軍隊が出動したのも、
オリンピックを前に、華人の民度の低さを世界にさらすことを恐れ、
略奪を防衛することが第一義であったようだ。
やはりまだ、人命より国のプライドなのか・・・。

この地震に対する義捐金を呼びかけている。
約10年前の台湾中部大震災の際も、当然日本国民に義捐金を呼びかけていた。
台湾側が「台湾大地震救済義捐金」という口座を第一勧銀に開設したことを聞きつけた華の国は、
同じ第一勧銀の別の支店に「中国台湾大地震義捐金」という紛らわしい口座を開設して、
お金を集め問題になった。そのお金はその後、行方不明だ・・・。

・・・地震が起きたのは、わが国の一部である台湾であり、中国国内の問題である。・・・・
と開き直った。

今回の四川大地震が起きた時、実は、その怒りの記憶が真っ先によみがえってしまった。
天災に際して、気が引けたので触れないできたが、義捐金を振り込む際は、
使途を明確に開示しているところへ・・・というのが今日の趣旨。
間違っても共産党員のポケットに入らないよう、念押しが必要だ。
どこの国でも問題は政治家と公務員か・・・。
(失礼!救助隊の方は除く・・・。)

無償で手を差し伸べて必死で救済の努力をする国民性と、
ここぞとばかり、被災者の上前を跳ねて私腹を肥やそうとする国民性。

非常事態時にはっきりと浮き彫りになるのです。
もし日本に大地震が起こっても、華の国には救助を依頼しないで下さい。
被害が拡がるだけだろうな。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

日本待望 4

ガソリンの価格が高騰を続けています。
これは、非常に良い傾向だと思われます。

車がなければ困る方たちからすれば、「ふざけるな!」
と、叱られそうです。

確かに、石油は人類にかつてないほどの繁栄と豊かさをもたらしました。
世界で一番繁栄し、大量消費社会を謳歌しているアメリカは、
石油の浪費によって支えられています。
イラクへの介入もそれが原因である事は、周知の事実です。
しかし、地球環境の悪化や紛争の火種という観点からは、
地球を破滅させかねない「悪魔の水」でもあるのです。

こと、原油を輸入に頼っている日本に限って言えば、
原油が上がることによって、新車の販売台数が落ちる事が一番困る事です。
すでに始まっていますが、ガソリンに頼らない車の開発に拍車がかかる事でしょう。
ガソリンに代わる燃料の開発に日本が成功すれば、
日本の問題は、おおまか解決する事でしょう。

私の言いたい「良い傾向」とは、日本の景気の問題ではありません。
このガソリンの高騰により、我々日本人が、無駄にエネルギーを消費する事、
地球上のあらゆる物質や生物の犠牲の上に、生活が成り立っている事を反省する機会が
到来した気がしています。

また、現在、日本の閉塞感の最大の原因である、目標が見つかったのではないでしょうか。
第二次大戦後、焼け野原の復興、欧米諸国を追いつけ、追い越せが日本の目標であり、
活力の源でした。ところが、戦後たった50年で欧米諸国をあっという間に抜き去り、
世界のトップに立ったまでは良かったけど、
史上、トップに立った事がない政治家、経営者は、どう対応してよいやら、
目標を見失って右往左往・・・。

経済政策はガタガタ、
社会制度は混乱、
既成秩序の崩壊、
国民の倫理観の喪失・・・。
いまに至っても何ら方向性が見出せないでいるのが現状でないでしょうか。

ガソリン価格の高騰に直面し、現在の環境問題を鑑みれば、
これまで通りで良いはずはなく、
混迷を深めるばかりの世界に対して、
今後、どんな原理で人類は生活をすべきか、
日本はそれを打ち出せる立場にあり、
日本古来からの生活様式を世界に示さなければならないと思います。
世界広といえども、それを主張できるのは日本以外にはありません。

このままアメリカにズルズル引きずられ、
世界は自分の物だとのたまう中国の言動に振り回され、
今までのようにことなかれ主義でやり過ごせば、
もう日本は自滅する他ないでしょう。

アメリカへの憧れからは卒業しましょう。
悪の枢軸指導者は、日本などいつでも抹殺出来ると思っています。
世界は有限です。
無限に発展できるはずなどないのです。


あなたと・・・あなたの大切なひとたちが、
 しあわせになることを心から祈っています

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

日本待望 3



戦争に対する日本人の誤解

平和な日本が一変するのは、ペリーに脅されて開国して以降の事です。
その当時の日本近辺のアジア諸国の状況は、
インドシナ半島の諸国は全てフランスの支配下、
マレーシア、シンガポール、香港はイギリス領、
フィリピンはアメリカ領、
更に中国大陸(清)はアヘン戦争をイギリスから仕掛けられ、
北はロシア、南は英・仏・独から攻められ、半植民地状態でした。

ご存知の通り、300年平和に続いた徳川幕府を倒した明治新政府の大きな目的の1つが、
欧米列強から日本を守る為の対抗できる強い国づくりであり、
近隣アジア諸国が欧米露の植民地と化してしまった以上、
日本の生存と独立を守る為、近隣アジアに押し寄せた欧米露からアジアの主導権を
日本がとること意外、日本の生きる道が閉ざされてしまうといった
危機感が生まれたのは止む終えなかった。

戦争に踏み込んでいく日本の行動を、
当時日本が置かれていた危機的な国際情勢を考慮せず、
ただ日本が外国を不当に侵略したと非難されても、本質をぼやかすだけである。

繰り返すが、鎖国というどこの国にも迷惑をかけずに、
平和な国のあり方を自らの意思で選択していた日本を、
大型艦船で無理やり圧力をかけて開国させ、
日本に干渉し、言う事を聞かなければ武力攻撃を開始すると
脅しをかけてきたのは、欧米露でした。

決して日本自らアジア制覇のの野望に駆られて、
牙を剥き出しにして暴れはじめたわけではないのです。

いまのフリーメーソン系の人たちは、過去の日本の戦争に対して、

・・・負けると分かっている戦争に馬鹿な戦争をして、
出さなくてもいい多くの犠牲を出したうえ、
近隣諸国に多大な迷惑をかけ、
日本の国際的な評判を落とした。・・・
などと、平然とのたまう輩がいる。

こういった間違った歴史教育と、
戦勝国が広めた日本悪玉論、
共産主義者の卑怯で狡猾な反日宣伝により、
現在の日本人の自虐的な日本観が浸透してしまった。

その結果、欧米の価値観は絶対で、日本人が欧米との相違点に気付いた時、
日本人はすぐにこちらを相手に合わせて変えようとする。

文明の類型として、
・西欧・ロシア・南アメリカ・インド・イスラム・中華・アフリカ・日本と、
世界8文明の中に、国土の小さな日本が認められています。
その日本独自の優れた文明を、日本人自ら忘却してよいはずがありません。

あなたと・・・あなたの大切なひとたちが、
 しあわせになることを心から祈っています

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。