スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間の幸福

連日、止めどなく深刻な経済悪化のニュースが続いています。

この時期に、減税や、どのように国民の不安を取り除けるか、の論議をすべきところ、
消費税増税の論議をしているマヌケナ政治家。
奴らは、全国民が被害者の詐欺犯です。
詐欺罪は、この世の中で、殺人犯と同罪にすべきだと常々思っています。
この犯罪は、感染症の如く、気付かぬうちに人間の心を重度退廃させます。

だから、尚更、人間の本来の幸福を考える。
誰かみたいに「人生いろいろ・・・」で片づけてしまえばそれまでだし、
「今がとってもシアワセ・・・と感じているんだから、放っといてよ!」という方もいるだろう。
しかしながら、私個人は、日本のアホな政治家が取り入れてしまった新自由主義の、
合理性を絶対視する思考方法を乗り越えなければならない時期であると思っているし、
日本独自の文化を背景に新しく創造しなければならない時期に来ていることも確信している。

現在の「100年に一度の危機」は、裏返してみれば、これまでの形態を一新する、
真の社会変革を可能にする、亦とない機会ではないでしょうか。

但し、これはナショナリズムを過熱させる内容であってはならないことは、言うに及ばない。
新たな労働形態を考察し、自律的な社会ネットワークシステムを構築することが、今求められている。

幸いなことに、少子高齢化が進行し、更に持続的な経済成長が終焉を告げ、
年功制による昇給にストップが掛かり(公務員を除く)、
不景気により、戦後一党支配を続けてきた自民党の支援団体、企業が弱り、
自ら規制すべき団体、企業の応援団となり、それらに利益誘導するための仲介者になり下がり、
政策、行政を麻痺させ、国民を搾取し続け、
際限なく膨張を続けてきた官僚システムも近々に影響が及ぶことでしょう。
これは、もう必然の自然の流れです。

世界の主流となっている現在の資本主義の問題の根っこになっているのは、
キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などの「一神教」、
いわゆる人間を神の座につけ人間が絶対であるとする思考。
フランスのA.Comptが提唱したように、人間が人間を神として拝むという「人間教」にある。

この人間教をベースにした欧米に近代科学が発達し、産業、軍事等が短期間に発展、世界の覇権を制した。
確かに、科学技術の発展は、人間生活を豊かにし、限りない恩恵をもたらした。

しかしながら、負の部分として、この思考により、個人主義が増長する。
個人主義は、人間本来の理性を簡単に踏み越えるものである。
人間の情緒が無視され、個々人が自分自身を失っていく。
身の回りに利己的なのがいると、その職場、クラス全体に感染します。
自分の気に入らない仕事に、露骨に嫌な顔をする者、裏で愚痴を言うもの、
誰もお前が悪いと言っていないのに責任を転嫁する者、
注意すると切れる者、
病院送りにしたいようなのがたくさんいます。
資本主義(人間絶対主義)の蔓延してしまった結果だろう。
人間絶対主義は、人間否定である事を自覚すべきである。
これは、人間生存の行き詰まりであり、確実に堕落、滅亡への方向である。

どんなに財力や地位のある人間でも、決して一人では生きていけない。
それこそが、人間の本質のはずである。
この本質を前提に方向転換をしない限り、人間の幸福、生存はまず得られることはないだろう。

まず個々人のなすべきことは、人間が現在の自己をしっかりと客観的に見つめなおすことである。
経済成長しなければ成り立たない、現行制度は終焉の時期を迎えた事を不安がらずに、
喜ばしい事として受け入れることだ。
政治が選択すべき直近の方向性は、
中央の権限・規制を最大限縮小し、高所得者への増税などで、所得の再配分を実行し、
国民の勤労意欲を失わせることなく雇用を安定させること。
この期に及んでは、小泉が圧縮した福祉・教育予算の拡充は、必須事項である。

資本主義でもなく、社会主義でもなく、「何とか主義」ではない
お釈迦様の言うところの「中道」
人間本来の心を豊かに繁栄させるべく、日々の行いを積み重ねていく環境が整うこと、
それが、文明であり、人の道である。
人間は、自然の法則に従って生きることを心がけることが、幸福への第一歩です。


スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

娘のキツーイ一言

昨晩、高校生の娘と久米宏の「ニュースってやつは」という番組をみていて
ポロっと一言つぶやいた。
「いまの日本がこんなになったのは、パパ達、親の世代の責任でしょ。」

娘の言葉が「グサッ」と突き刺さった。
返す言葉がなかった。

番組自体は、
今年成人式を迎えた人たちと、田母神前幕僚長のやり取りが見られるのだろうと
期待していたが、森永卓郎などが、核のない横やりを入れて内容がくだらなかったので、
途中から本を読み始めており、何に対してのコメントか分からないが、
とにかく「ドキッ」とした。

我々の世代は、戦中、戦後の混乱を経験せず、学生時代は高度経済成長の真っただ中、
政治には無関心であったにもかかわらず、この状況に至って、誰かに責任を転嫁しようとしている
自分自身に、娘の一言で目を覚まされた思いです。

確かに、絶対に現在の日本の世相の混乱は、君達のせいではありません。

半数の若者が、日本の未来は「暗い」と悲観しており、「明るい」と回答した若者が9%しかいない現状は、
戦後生まれの、経済成長にドップリ浸かった、身勝手で、無関心な、ゆるんだ世代の責任です。

何とかしたい・・・。
全ての人が何とか幸福を感じられるようにしたい。

じゃあ、自分に何が出来る・・・と聞かれても
形式的な返答しか出来ない、無能な父親です。

長いものに巻かれ、自分の生活が大事、政治なんて誰がやっても同じだから・・・と、
無関心の鎧を着重ねていった責任は重大です。

しかしながら、問題点が鮮明に浮かび上がってきました。

誰かの不幸の上にしか成立しない、
弱肉強食の現在の資本主義体制の継続、維持は困難な状況にあること。

歴史が物語っているように、どこかで大量殺戮を行うことでの、景気の浮揚を希望しますか?
もしかすると、その対象は日本に及ぶ可能性も否定できません。

「青い!」と言われようが、私なりの人間の幸福について次回書きたいと思います。
本日は時間がないので・・・。

theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

真言

年始の休み中は、持病の腰痛がひどくて、自宅でまったりしていましたが、
さすがに正月3日目ともなると、少し体を動かしたくなり、
散歩のつもりで、真言宗の寺院に初詣に出かけました。

手と口を清めてから、線香を買い、本堂に賽銭とともに供え、
名前を記帳して祈祷をお願いした。

超個人的な話をすると、私の菩提寺は京都の嵐山の中腹にある法輪寺。
このお寺も虚空蔵菩薩を本尊とする真言宗なので、どこかとは申しませんが、
真言宗つながり、行基つながりなのです。

今回覚えて来たのは、
「オンコロコロセンダリマトウギソワカ」という真言。
祈祷の前にお坊さんから、声を出して7回唱えてください・・・と言われます。
単純な私は、家に帰ってから腰痛が良くなった気がしています。
更に、気分的にもスッキリした気になりました。

檀家がドンドン離れているお寺の経済状況を心配してもしょうがないが、
お坊さんは、もう少しセラピストとしての方向性を真剣に考えるべきと思う。
現在の日本では、ニーズは無尽蔵だろう。

またまた個人的な話で恐縮だが、
相当以前の私が高校生の時、自宅の近所の禅宗のお寺で
月に1回、無料で1時間の座禅を組み、終了後、抹茶を頂戴しながら、
その和尚さんの講話を聴きに行っていました。
未だに忘れられない講話は、
「現世の一切は苦であることを、まず、心得ておかなければならない。
その苦の原因は、全て個人の欲望からもたらされるもの。
人間は、欲望を捨てれば、その苦から解放される。」・・・云々・・・。

ミッションスクールで、聖書を読んでも釈然としなかった
思春期の私には、目の覚める一言でした。
それが、お釈迦様の説法であることを知ったのは、相当後のことでした。
その和尚が亡くなってからは、足を運ばなくなりました。

まともでない新興宗教にはまることを考えれば、非常に健全だと思うのだが。
問題なのは、お坊さんの勉強不足か・・・。
どんどんお寺に人を集めて、講和の修練を積んでください。
人を集める方法については、是非ご相談ください。
いくらでも知恵を出します。


theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

一燈照隅

遅れましたが、

明けましておめでとうございます。

我が家では、元日にそれぞれの新年に向けての目標を
色紙に書初めする事を習慣にしております。
私の父親がそうしてきたので、
書初めが唯一、我が家の正月の風習となっており、
年末から来年の目標を考えるわけです。

ちなみに昨年(2008年)の正月は、
「壺中有天」
混乱の世相の中で、何とか希望を見失わないようにしよう・・・。
という気持ちを記しました。

本年(2009年)は、
「一燈照隅、萬燈遍照」を書初めにしました。
思想家 安岡正篤氏の言葉です。

本年は、昨年以上に悲観的な予測で溢れています。
新自由主義に毒された政治家・官僚・企業経営者が
未だ日本を牛耳っているわけですから、予測が良いわけがありません。
自ら大光明を放つことなど、なかなか出来ないので、
せめて、自分の周りの片隅くらい、明るく灯せる様努力しよう・・・。
それが、私の本年の目標です。

出来れば、それが萬燈となり、日本が新自由主義から抜け出せることを願っています。

漠然としてですが、一燈が拡がってきているという実感を持っています。
テレビでも、新自由主義御用学者の内容が変質してきています。
日本人はその本質から、目覚めれば、その改善の速度は速い。

萬燈になったときの日本は、地に足の着いた
他国に類のない、すばらしい国が実現できる事でしょう。

もう少しです。

本年もたまには覗きに来て下さい、よろしく御願い致します。

theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。