スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆発寸前です。

相手の立場に立って物事を考えるという倫理的な想像力すら持ち合わせない
自民党の笹川堯総務会長。

Wikipediaから転載 ---

父の笹川良一も1942年から1946年まで国会議員であるため、笹川堯も2世議員である。
しかし、議員職の親子世襲に40年空白期間が存在し、選挙区も大阪府と群馬県と異なるので、
地盤・看板・かばんを継いだわけではない。

2003年9月の自民党総裁選に立候補の意志を表明するが
最終的に同じ派閥の藤井孝男に譲り出馬を辞退。

郵政族の有力者として知られ、1991年の郵政政務次官就任時には小泉純一郎郵政大臣と
郵便貯金制度改革をめぐって激しく対立した。だが2005年の郵政国会では7月5日の衆議院
本会議採決で郵政民営化法案に賛成票を投じた。その直後の解散総選挙では、小選挙区
で当選するも民主党の石関貴史に僅差に詰め寄られる。自民党の磐石の地盤である群馬県
では異例のことであった。

国会議員の資産公開で堂々1位となり、
記者会見の席上、「庶民の気持ちはわからないのでは?」と問われ、
「そうでしょうなぁ」と率直に答えたことがある。


転載おわり ---

平成13年に起きた米原潜と実習船えひめ丸の衝突事故への対応で退陣に追い込まれた森内閣で閣僚を務めた自らの経歴に触れ、「ゴルフをやっていて閣僚を首になったわけではないが、あれでやむなく沈没した」と発言した。

9名もの若者が亡くなった事故に対して、
「せっかく大臣になったばかりだったのに、事故のせいで大臣の席を失った・・・」
と言わんばかりの発言である・・・ハァァァァーーーーー。
自民党の総裁選に立候補しようなんて、ホントに人材不足なんですね。
政権担当能力は無いに等しい。

その話を聴いていた会場内で笑い声が聞こえていた・・・。

このニュース映像を見ていて、私は吐き気を催した。

デリカシーも倫理観も持ち合わせないこいつら(会場内全員)の心の頽廃は
何たることだろう。

自分のことしか考えられない馬鹿が日本のマツリゴトをしているふりをしている。
こんな政治家ばかりだから小泉デマゴーグ首相が誕生してしまった。

「自民党をぶっ潰す」
「改革する」
とゼッキョーして世論を操作し、
国民の鬱憤・不満を、敵を作ることで、自分を際立たせる手口は、
中国や朝鮮の指導者の常套手段だ。
「改革には痛みがともなう」・・・の一言で、格差を拡げ、セーフティーネットを破壊した。

そもそも、不当な利益を得ている者どもや、利権を取り除くことが改革の目的であったはず。
その処分作業の過程での、その利権に関連している者どもの「痛み」であり、
弱者を救済するすることが改革のはずだった。

何のことはない、自己資産誘導システムを構築していたわけだ。

公私の区別が付けられない政治家に役人、
コンビ二の前に座り込んで食い散らかす小僧、
老人が前に立っていても平気で化粧を直している小娘、
市場原理主義だと大手を振って派遣社員の首切りをする大企業の経営者、
そのおこぼれに預かろうとするさもしい政治家、
経営理念を持たない企業に圧力を掛けられ、言論を封殺されたマスコミ、
馬鹿な政治家の圧力に負け、言いなりになる腑抜けな検察に裁判官。

どこを切り取っても倫理観のない国に成り下がった。

それもこれも、絶望感で吐き気を催す。
だけど、絶望して諦めると言うことは、冤罪で私が首を吊るのと同じです。
それは御免です。

この状況を改善すべき最良の手立ては、
諸悪の根源である政治家と官僚の行動を縛る法案を次回の与党に
国民が団結して要求することである。
それが、本来国民が望む「改革」だからね。


国民の権限を最大限獲得する為に
まっとうな日本人のみによる共同体を組織し
無能な政治家、官僚、財界人を排除できるシステム(法案)を構築することだ。

怒りをそろそろ爆発させましょう・・・皆さん・・・。


スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

経済ニュース

経済・企業・経営の最新ニュースリンクブログ

comment

Secret

国民をだまして議席を占領し続ける世襲議員を退治しましょう。

国会議員の家に生まれれば生きているだけで国会議員を一生やって優雅な人生を楽しめるのはあまりにも不当だ。やつらは国民の代表である議席を代々占領しているヤクザだ。今では、外国の手先になってタダで子供をコロンビア大学に無試験入学させるなどのあくどい国会議員がたくさんいる。就職したはずの会社に行かなくても給料やボーナスをたんまりもらえるなどこういう国民を愚弄するコネ人生を彼らが満喫できるのは、だれでも立候補できる建前のウラで、議員の子供でしか立候補できない現実がまかり通っているのだ。さらに国会議員は、何の罪もない国民をだましてクイモノにしたあげくそのヒトの人生を強制的に破壊する悪逆非道な凶悪犯罪を犯し続けている。こういう極悪犯罪を代々続けている凶悪犯は議席を占領しているからこそ取り巻きに取り入ってもらえて凶悪犯罪を犯し続けられるのである。親から子供へと代々議席を私物化して強盗殺人を犯し続けている凶悪なやくざを退治しましょう。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。