スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

至誠

引き続き、光市母子殺人事件について

光市の事件に死刑判決が出て、多くの人の胸がスカッとしたようだ。

その後に残るものはいったい何だろうか? 
時代劇の敵討ちのように、めでたし、めでたし・・・とメディアは終わらせるだろう。
さっさと次のヒールを見つけてきて、この問題は忘却のかなたへ・・・。
では、悲しすぎる。

この判決は、妥当であると思うし、現在の日本には、凶悪犯罪に抑止力が必要。
但し、こういったケダモノを産み出さないように、事件を風化させてはいけない。
一人ひとりが、未来に役立てるために悲劇をみつめ噛みしめる必要がある。

この事件の最大の原因は、加害者の父親である。
加害者の元少年は父親に虐待を受けて育っていたといわれる。
母親は虐待を受けた末にうつ病になり、自殺している。
このろくでなしは、息子の死刑が確定して、こんな発言をしていた。

「1審・2審で情状酌量の余地があるということで、無期懲役の判決が 出たにもかかわらず、
司法に対して、がっかりしたところもあるんですけれども、それを 受けて、今回の判決が、
1審・2審の無期懲役から死刑と簡単に変わるといういきさつ、 これが非常に恐ろしい」

更に、
「今回のことは、本当に自分でも びっくりしておりますんで、
当初のころは本当に(息子を)恨んでおりました。
子どもが こんなことしたばかりに、自分の人生もまっ逆さまで。
やっぱりわが子ですから、 どんな罪を犯す人間でもかわいいです。これは正直なところです」

いかに、この父親が無責任であるかが、よくわかる。
自分の子供が、故意に、欲望のために人様を殺したと分かれば、それを育てた親は、
まともであれば、どんなに被害者にドツカレようが、罵倒されようが、誠心誠意お詫びする。
それすらも出来ず、まず、息子を恨んでしまうこの畜生。
自分の人生がまっ逆さま・・・。これは、自業自得だと何故思えん。

少年犯罪の抑止力の一つとして、
確たる証拠が挙がった場合、犯罪者の両親をモザイクなしで公開すること。
親の頭を覚醒する事が、問題解決の第一歩。

また、母親を自殺にまで追い込んだ、くそ親父の虐待に対して、
対応すべき山口県の児童相談所の働きかけはあったのか。
なかったんだろうけど、児童相談所の情報収集能力、予算、人材は十分にあったのか?
行政の問題。

最高裁の審理の途中から元少年の弁護を引き受けた新弁護人たちは、最高裁の審理に欠席したことや差し戻し控訴審で「元少年に殺意はなかった」「死体に対する姦淫は母胎回帰」などと主張し、
加害者の贖罪意識を著しく低下させた。
それは、その後の加害者の発言で容易に判断できる。
弁護士の裁判に勝つ事が一義で、被害者遺族に真摯な謝罪ができるような教育が行われなかった。
弁護士の倫理、制度問題。

先にも言ったように、このケダモノの擁護をするつもりは全くない。
『女子高生コンクリート詰め殺人事件』
主犯格の少年でも懲役20年。他は懲役5年くらい。
そのうち出所したなかの1人は再びおなじ事件をおこしている。

これから生まれてくる子供たちを、ケダモノにしないために、
課題は多いが、まずどう考えるかと言えば
「個」だらけになった社会の中で辛うじて残った家族・友人などの最小単位が基礎なんだということ。
そういった身近な他人で自分の「至誠」さを検証することが、検証する努力をすることが人の道。


ご賛同の方は、ぽっちっと押してつかーさい。
ポチット押してつかーさい!




スポンサーサイト

theme : これでいいのか日本
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。