スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥知らず

道路特定財源の09年度からの一般財源化を見据え、
省庁や族議員の間で予算の分捕り合戦が恥知らず。

「せっかく一般財源化するのだから、ぜひお願いします」。

公明党の浜四津敏子代表代行は14日、首相官邸に福田首相を訪ね、
女性支援に関する党の政策を売り込んだ。

「皆にしゃぶられるな」。首相は苦笑したという。
まるで独裁者のような物言い。

この恥知らず共に鉄槌を加える最良の方法。

暫定税率はやめて、石油の値段を下げるのが一番でしょ。

今の道路はほとんど予算消化のために何回も同じところがほじくり返されているのだから、
予算が減っても利用者はあまり不便を感じないはずだ。

暫定税率について、賛成派は下記の苦し言い訳をしています。

・「真に必要な道路が造られなくなる」
・・・暫定税率を徴収しなくても、本来の税収2.5兆円で必要な道路は造れます。
それ以上、全く道路にお金を捨てる必要はありません。
天下り官僚の退職金を払う気は、もっとありません。

・「ガソリンの料金を下げたら車に乗る人が増えて、地球温暖化に悪影響を与える」
・・増えません。高齢化により、人口は今後減少していきます。
今後の自動車の販売予想台数を確認してください。車が売れないのに、ガソリンの消費量は増えるはずがありません。更に、国内メーカーは、ハイブリッド等の燃費が良く、環境に負荷をかけない車の販売に重点を置き始めています。この前始まった、キムタク主演のドラマでも、キムタクがプリウス(?)に乗っていました。もう、若者の感覚は、ガソリンを撒いて走っているようなクルマへの賛同は、得られないのです。結構、今、若者は賢くなっています。(無駄な事に嫌悪感を持っています。)

*****以下、転載****

全国の自動車販売会社でつくる日本自動車販売協会連合会(自販連)は、今月発表した「2007年版
自動車ディーラー・ビジョン」で、10年の国内乗用車販売台数の見通しを06年版より下方修正した。
軽乗用車を含む乗用車全体の見通しは451万台で、06年版見通し(473万台)より4・6%引き下げた。

 07年版では10年の見通しについて、軽以外の乗用車の販売台数を315万台と06年版より7・6%
引き下げ、軽乗用車の販売台数を135万台と2・2%引き上げた。

 06年版では、軽以外の乗用車について国内の景気回復とともに販売増を見込んでいた。しかし、
低中所得世帯の自動車購入費が大幅に下がる傾向をみせている上、人口が多く公共交通機関の
発達した都市部に住む世帯の自動車関連支出も全国平均を下回っていることなどから、10年の
見通しを引き下げた。

 軽乗用車については06年版で横ばいを見込んでいたが、06年の実績は大きく伸びた。ただ、
軽以外の乗用車との競争が激しくなることや、自動車のメーカーの供給体制に限界があること
などから、10年の見通しの大幅な上方修正は避けた。

 一方、06年の販売実績は464万台で、06年版の10年の見通し(473万台)と比べ9万台下回った。
さらに07年1-7月の実績も前年同期比7%減と下降している。このため、10年の販売台数は
自販連の見通しを下回る可能性がある。

****転載終わり****

仮に、道路特定財源を一般財源に入れたらどうなるか。

そうなったら財団法人・・・、とか、社団法人・・・が増えるだけ。 
過去、立派な名目を掲げた課税がどうなったかを考えればすぐに理解できるだろう。
税金の有効な使い方の前に、各省庁が寄ってたかって無駄遣いをして、
あっという間になくなってしまう。
ハゲタカ族議員を喜ばすだけだ。

まず、特定財源に巣食うゴミを一掃し、目的を決めて、消費税の論議に入ればいい。
一度、バ官僚に庶民の生活を味わってもらいましょう。

特定財源を継続する事が、日本の経済に必要だ・・・。
などとのたまっている御用学者の話しなぞ、まともに聞く必要なし。

国民が納得していない税制は、高齢者医療制度然り、一旦破棄する。
それがいい。出来ないなら解散しろ。

励みになります、ポチッとお願いします。
ポチット押してつかーさい!
スポンサーサイト

theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。