FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厚生省のごまかしが始まった。

なかなか笑えるニュースとしてこんな記事があった。

*** 以下転載 ***

政府は19日、基礎年金の税方式化に関する財政シミュレーションをまとめ、社会保障国民会議の雇用・年金分科会に提示した。税方式化した場合、追加的に必要となる税財源は2009年度時点で9兆~33兆円で、これをすべて消費税でまかなうと、消費税率は現行税率分などを含め9.5~18%まで引き上げが必要となることが分かった。年金財源に消費税率引き上げ分の大半を回すことになれば、医療や介護保険の給付増に対する財源手当を別途検討せざるを得ず、今回のシミュレーションは、税方式導入のハードルの高さを印象付ける結果となった。

 シミュレーションは、与党内や日本経団連など各団体の税方式をめぐる各案について、50年度までの財政を試算する形で行われた。政府が税方式を本格試算したのは今回が初めて。

 現行制度での保険料納付分と税負担分を上乗せ支給するケースを採用した場合、制度を移行する09年度時点での追加税額は33兆円にのぼり、消費税率換算で12%の引き上げが必要なことが分かった。

 最も追加税額が少なくて済む、現行制度で未納期間があった人を減額するケースを採用しても3.5%アップしなければならない。ただ、このケースでは、無年金者や低年金者がなくならないことも分かった。

これらの追加税額分と、現行税率5%分や制度移行前に国庫負担を2分の1に引き上げるための1%分を合わせると税率はトータルで9.5~18%となる。

 一方、家計への影響では、基礎年金部分の保険料がなくなることによる負担減と、消費税率引き上げによる負担増を差し引くと、現役会社員は収入にかかわらず負担増となり、社員の保険料の半分を負担してきた企業が負担減となる実態が浮き彫りになった。

 政府が税方式のシミュレーション行ったのは、年金制度改革について国民的議論の呼び水にする狙いがあったが、税方式移行には消費税率の大幅引き上げが必要であることを強調する内容ともなった。

 消費税は高齢化社会の進行で膨らみ続ける医療や介護保険をはじめ、少子化対策など他の社会保障政策の財源としても期待されており、年金給付の拡大のためだけに税率を大幅に引き上げることに国民の理解が得られるかは不透明だ。

 国民会議は6月に中間報告をまとめる予定だが、今後の議論は社会保険方式堅持に傾くことも予想される。

***転載おわり***

社会保障国民会議のおじさんたちは、一体何を考えているんでしょうか。
一応、ホームページを拝見した所、こんな事を謳っています。

・・・社会保障国民会議は、社会保障のあるべき姿について、国民に分かりやすく議論を行うことを目的として、平成20年1月25日に閣議決定により開催が決まりました。

って、上記の内容で理解(納得)できますヵ?

厚生省、及び、社会保険庁のお役人の頭がカラッポのため、
年金制度が破綻する事は、周知に事実です。
「100年安心プラン」を4年前に約束していたのは、与党ソウカ党。
そこでは、こんなシュミレーションをしてました。

***以下転載***

「年金100年安心プラン」(2004年改正)は、2100年までの財政見通しを立て、少子高齢社会にも揺るがない年金制度を構築したもので、少々の社会環境の変化にはビクともしません。

 単純に考えれば、少子高齢化で年金の受給者1人を支える現役世代の人数が現在の3人から2人、1人へと減っていくことは、保険料を2倍、3倍に上げるか、給付を2分の1、3分の1に下げないと年金財政のバランスが取れません。しかし、これでは生活できません。公明党は庶民の暮らしを守るため、負担(保険料)・給付(受け取る年金)・財源のすべてにわたって抜本的に改革する「年金100年安心プラン」を打ち立て、この難題を解決しました
同プランの特徴はまず、現役世代の保険料に上限(17年度以降、厚生年金は年収の18.3%=労使折半で個人負担は9.15%、国民年金は月1万6900円=2004年度価格換算)を設けて、負担に歯止めを設けたことです。

 もし、2004年改正を行わず、保険料の引き上げだけで制度を維持しようとすると、<左図>のように、厚生年金の保険料率は25.9%まで、国民年金の保険料は月2万9500円(04年度価格)まで引き上げざるを得ませんでした。これでは現役世代が負担に耐えきれず、結果として年金制度は保てません。

 二つ目の特徴は、給付水準は現状よりは徐々に低下するものの、モデル世帯で現役世代の手取り収入の50%以上という下限を設け、物価スライド以外では年金額自体は減らないよう設計したことです。
三つ目は「保険料負担の上限」と「給付の下限」を両立できるよう、基礎年金の国庫負担を3分の1から、2分の1に引き上げるとともに、積立金を取り崩すという政策転換によって、新たに巨額の給付財源を確保したことです。 ・・・以下略

***転載おわり***

ソウカ党は、与党政府ですよね・・・たしか4年前も。
ちゃんとシュミレーションしてるじゃん。
馬鹿馬鹿しいので、アゲアシとりはおわります。

もともと、基礎年金の部分は国民の義務のはずですよね。
年金負担人口のバランスの取れない分を、何らかの方法で(例えば消費税)で補う事を、
国民はしょうがないから承認するんではないですか。
誰が、全額消費税で年金を賄わなければならないなんて、シュミレーションをするんでしょう。
あまりの馬鹿さかげんに、笑えます。

この馬鹿馬鹿しいシュミレーションは、社会保険庁を維持継続させたいが為の、
めちゃめちゃなシュミレーションでした・・・。チャンチャン。

消費税は多少上げられても、社会保険庁の存続だけは絶対に認めません。
わかったか、マスゾエ。

以上。




スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。