スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十羊九牧

十頭の羊に対して、9人の羊飼いは必要ありません。

ようやく、日本の最大の病巣である「国家公務員制度改革法案」に取り掛かり始めたようですが、
これが何か?

・・・骨子
・幹部人事を一元管理するために、各府省が作成していた人事案を官房長官にし、
 担当閣僚と協議する。

・政官接触制限 公務員が政治家と接触した記録を作成・保存させ、情報公開を徹底させる。

・官僚の天下り規制については、民主党は定年を65歳まで段階的に引き上げ、
 再就職あっせんと「肩たたき」による勧奨退職を禁止すべきだと主張してきた。
 しかし、再就職を一元化する官民人材交流センター(人材バンク)を10月に設置することが
 決まっていることから、民主党は今後の検討課題とすることで譲歩した。

あまりにもファジーな改革案ですな。
国民の期待には殆んど応えておりません。こんなんじゃ。

優秀な官僚で構成されている国家を、官僚国家といいます。

国民が望んでいる、「国家公務員制度改革」のメインは、概ね、以下のような事ではなかろうか。

・公務員は公僕であるという意識を周知徹底させること。
・国益を第一に考える公務員を採用、教育すること。
・公務員に対する必罰制度の強化。
・天下り全廃。
・情報公開制度化。

会社の潰れる心配のない公務員には、最低でも上記の抑えは必要です。

「大学」の伝6章に
・・・小人閑居して不善をなす。至らざる所無し。・・・とあります。
つまらない人間は、ひまをもてあますと、ろくなことをしない・・・ということ。

現在の国家・地方公務員は、以下のことわざをトイレのドアにでも貼って置くように。


・・・上下こもごも利をとれば、国危うし。 (孟子)
解説:役人が自分の利益ばっかり考えてると、国は必ず滅んじゃうよ。

・・・官、その任にあらざれば処らず、
    禄、その功にあらざれば受けず。 (史記)
解説:能力もないのにポストにしがみつくな、実力以上の報酬は受けるな。

・・・天知る、神知る、我知る、子知る、 
    何ぞ知ることなしという。 (後漢書)
解説:収賄をしても必ずばれるぞ。


日本の最大の脅威なんです・・・・これが。
アメリカでも、中国でも、インフレでも、原油高でもないんです。


あなたと・・・
あなたの大切なひとたちが、しあわせになることを
心から祈っています。

ポチット押してつかーさい!
スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。