スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本待望 4

ガソリンの価格が高騰を続けています。
これは、非常に良い傾向だと思われます。

車がなければ困る方たちからすれば、「ふざけるな!」
と、叱られそうです。

確かに、石油は人類にかつてないほどの繁栄と豊かさをもたらしました。
世界で一番繁栄し、大量消費社会を謳歌しているアメリカは、
石油の浪費によって支えられています。
イラクへの介入もそれが原因である事は、周知の事実です。
しかし、地球環境の悪化や紛争の火種という観点からは、
地球を破滅させかねない「悪魔の水」でもあるのです。

こと、原油を輸入に頼っている日本に限って言えば、
原油が上がることによって、新車の販売台数が落ちる事が一番困る事です。
すでに始まっていますが、ガソリンに頼らない車の開発に拍車がかかる事でしょう。
ガソリンに代わる燃料の開発に日本が成功すれば、
日本の問題は、おおまか解決する事でしょう。

私の言いたい「良い傾向」とは、日本の景気の問題ではありません。
このガソリンの高騰により、我々日本人が、無駄にエネルギーを消費する事、
地球上のあらゆる物質や生物の犠牲の上に、生活が成り立っている事を反省する機会が
到来した気がしています。

また、現在、日本の閉塞感の最大の原因である、目標が見つかったのではないでしょうか。
第二次大戦後、焼け野原の復興、欧米諸国を追いつけ、追い越せが日本の目標であり、
活力の源でした。ところが、戦後たった50年で欧米諸国をあっという間に抜き去り、
世界のトップに立ったまでは良かったけど、
史上、トップに立った事がない政治家、経営者は、どう対応してよいやら、
目標を見失って右往左往・・・。

経済政策はガタガタ、
社会制度は混乱、
既成秩序の崩壊、
国民の倫理観の喪失・・・。
いまに至っても何ら方向性が見出せないでいるのが現状でないでしょうか。

ガソリン価格の高騰に直面し、現在の環境問題を鑑みれば、
これまで通りで良いはずはなく、
混迷を深めるばかりの世界に対して、
今後、どんな原理で人類は生活をすべきか、
日本はそれを打ち出せる立場にあり、
日本古来からの生活様式を世界に示さなければならないと思います。
世界広といえども、それを主張できるのは日本以外にはありません。

このままアメリカにズルズル引きずられ、
世界は自分の物だとのたまう中国の言動に振り回され、
今までのようにことなかれ主義でやり過ごせば、
もう日本は自滅する他ないでしょう。

アメリカへの憧れからは卒業しましょう。
悪の枢軸指導者は、日本などいつでも抹殺出来ると思っています。
世界は有限です。
無限に発展できるはずなどないのです。


あなたと・・・あなたの大切なひとたちが、
 しあわせになることを心から祈っています
スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。