スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主政策財源

自民党が民主党を攻撃する際の「財源」が
民主党から提示されましたよ・・・。 
この財源は、国民ほとんどが望んでいることです。
自民党はこれ以上に説得力のある経済政策を提示しなくてはならない。


*** 以下転載 ***

民主公約に財源明記 「埋蔵金」などで20.5兆円確保

実行手順は4原則として、
(1)国民に約束した重要政策を政治の意志で実施
(2)税金のムダ遣いを「再生産」している今の仕組みを改め、新たな財源を生み出す
(3)政策は優先順位の高いものから実施
(4)政策実現による経済効果は財政再建に活用―を挙げている。

実行手順の年次計画表となる工程表では、衆院議員の任期4年間をマニフェストの実行期間と位置づけ、(1)第1段階(09年度)(2)第2段階(10~11年度)(3)第3段階(12年度)に区分。法整備の必要がなく着手しやすい政策は初年度に実施し、制度設計や立法作業に時間がかかる政策は段階を追って実施するよう順位をつけた。このため、各段階で必要な予算額は(1)8.4兆円(2)14.0兆円(3)20.5兆円と年次を追うごとに増える。

政策実施に必要な財源は、主に「予算の総組み替え」で捻出(ねんしゅつ)。
第1段階では必要な8.4兆円の多くを「埋蔵金」の活用で賄う。「税金や保険料を財源とする特別会計の積立金(約204兆円)やこの積立金の運用収入を国民生活のために活用」とし、具体的には「財政投融資特別会計、外国為替資金特別会計の運用収入」「当面使う見込みのない積立金の一部」を政策経費に充てる。

第2段階では補助金改革に着手。重点実施項目に
(1)地方分権改革を進める中、地方への個別補助金を原則廃止し、使い道を定めずに一括交付して効率化
(2)独立行政法人、特別会計、公益法人を抜本的に見直し、補助金などを大幅に削減。

第3段階では国の出先機関廃止など統治機構の改革が進むとみて人件費削減に財源を見いだし、最終的に国家公務員の人件費総額を2割削減。

政策の具体的な順位も確定。
第1段階では、ガソリン税の暫定税率を撤廃し、
後期高齢者医療制度を廃止。
大都市部を除く高速道路無料化や月2万6千円の子ども手当の支給も一部実施。

第2段階では、高速道路無料化や子ども手当支給、医師不足対策、中小企業対策などを完全実施。農業戸別所得補償制度は第1段階で法律制定など準備を整え、一部実施に移行する。第3段階で年金一元化や農業戸別所得補償制度を完全実施。年金一元化は制度設計や関連法整備に時間を要するため、最終段階での実施。

*** 転載おわり ***

自民党にとって、望みがないわけではない。
米国金融機関が連鎖倒産しそうな現在、
日本経済への影響を最小限に抑えられれば、麻生政権への信頼も回復するだろう。
要するに、米国隷属を断ち切れますか?・・・という踏み絵になるわけだ。
これから注意深く拝見させていただきます。頑張ってください。


スポンサーサイト

theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。