スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車の中での困ったチャン。

久しぶりに電車の中での困ったチャン?

昨晩と今朝、立て続けにワガママ老人に出くわした。

昨晩は、結婚式帰りとオボシキ老夫婦。
夜8時過ぎの満員電車の小田急線の車内で、礼服に白ネクタイのおじいさんと、
ドレスを着こんだ60代位の老夫婦が、大きな紙袋の引き出物を出入り口付近において立っていた。
多分、新宿から乗っていたのだろう。
途中の乗降客の多い下北沢駅で爺さんのまえのドアが開き、
当然、たくさんの乗客が降りようとする。
ところがその老夫婦が邪魔で降りられない。
降りる客が多いから、後の方から出られない客が
「オリマース!」の連呼。
それでも老夫婦は、ずれようともせず、爺さんなど踏ん張ってしまっている。
無理やり降りようとしたサラリーマン風の男性に対して、
爺さんがとった行動は・・・。
肘鉄!サラリーマンの脇腹に炸裂!

サラリーマンの男性はできていた。
爺さんだからと思ったかどうか、
一瞥をくれて、脇腹を押えて降りて行った。
その後に続いたOLは、おもむろに引き出物の紙袋を蹴とばして出て行った。
女は強かった・・・?

・・・の続きで今朝の小田急線のおばさん(推定57歳)。
通勤途中の駅で、私の立っていた前の座席と、その隣の座席が同時に空いた。
ドアが開く前に、私の前に座っていた男性が立ったので、私はスムーズに座席を確保してしまった。
被害者は、私の隣に立っていたOL風のうら若き女性。
ドアが開き、女性の前に座っていた人が立ち上がった瞬間、
座ろうとしていたうら若きOL風女性を無理やり押しのけて、
推定57歳のおばさんのお尻が突っ込んできた。
当然、OL風のうら若き女性の可愛いお尻は弾き飛ばされる。
OL風のうら若き女性もムッとしただろう。
その後、両者の間に沈黙の小競り合いが私が下りるまで繰り広げられていた。
小競り合いの内容は、ご想像にお任せする。
足を踏んだり、蹴っ飛ばしたり・・・。

年寄りにこういうのが多発してるって、どういうことなんだろうかと思う。
前にも書いたが、こいつらの子供達は、推して知るべし。
近所の小学校の先生もモンスターペアレンツに苦悩している。

問題の根っこを手繰り寄せていくと、聖職者のレベルの低下に行きつく。
聖職を業とする人は、国民から無限の尊敬を受けるべき存在であるはず。
本来の職責に反する思考をもち、利己の事のみしか考えられないモノ共は、
罪人であり、匹夫下郎・・・と私は思う。
聖職を志す者の学識には、志の高い精神と、人格、揺るがない理性を併せ持つことが求められるのではないだろうか。
高い精神性や人格、理性は、人から教えられて身につくものではない。
本を読んだり、椅子に座って人から講義を受けても本人のものには決してならない。
自分で体験し、苦痛を味わい、自分で考えたものでなければ、
高い精神性や、人格、理性は会得出来ないものである。

官僚、教師は自分たちの責務を再考してほしい。
もう、政治屋どもにはあきらめている。
せめて、今度の総選挙で自浄作用の働くシステムに移行できればと思う。

ナンダカナー・・・。


スポンサーサイト

theme : いまのニッポン我慢ならん!
genre : 政治・経済

comment

Secret

わかりますコレ。
こう言う人いますよねぇ。
凄く困るとか言う問題じゃなくて、醜いとしか表現できないですね。
体は大人なのに、頭が未だに幼稚な人間が多くて本当に困りますよ。
これからの日本はこんな人種が繁茂するんでしょうかねぇ。
嫌な時代が来ますね。
プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。