スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総選挙の前に

次回の衆議院選挙で政権交代してもらいたいという希望に変わりはありません。
それは、政治の浄化システムのスイッチを入れるためで、
決して民主党を信用し、評価しているわけではありません。

それは、

1・民主党の支持団体に日教組の影がちらついていること、
・・・日本人の自虐史観への誘導責任の大元は日教組であると思っているので、
   諸教育問題は解決の期待は出来ない。
2・マニュフェストの中に定住外国人の地方参政権の早期実現項目が表記されていること。
・・・定住外国人の地方参政権を認めたら、ただでさえ韓国人に買い占められている対馬は、
   どうなってしまうのだろうか?
   多分、日本人住民の排斥行為が行われることは確実で、
   韓国の実効支配下に置かれてしまうのではないでしょうか。

定住外国人とは、日本国籍を取得した者をいうのか、それとも、
日本国籍を持たず、長年日本に住んでいる外国人にまで定義が及ぶのかで、
若干違ってくるが、その範囲を示さなければ、決して容認できるものではない。

日教組が後ろ盾にあるので、更にその不明朗さが気になるところだ。
地方参政権を与えるのであれば、日本国籍を取得させなければならない。
それなしには、以下の矛盾が生れる。

・日本国籍を持たない外国人に参政権を与えた場合、
 その者が国籍を持つ国と日本の両方の参政権が二重に与えられることになる。
・参政権というのは国の根本です。あくまでのその国の国民が主権でなければならない。
 各国で歴史・文化・宗教・考え方が違うのですから、
 日本の国籍をとるのはいやだが、日本をよくするために参政権は欲しい・・・とは、
 全く辻褄が合わない主張だ。
 (ホントに日本のことを考えているのか、非常に疑わしい。)

たかが地方参政権と侮ってはいけない。
今後、地方自治体の権限は「分権推進法」のもとに拡大が予想される。
日本国憲法でも、地方行政は国家権力の部分的担い手であって、
その国家運営を国籍を持たない外国人に左右されてよいはずがない。

日本の政局はホントに捻れている。
民主党が、旧社会党系列を切り離し、自民党が公明党を切り離すこと。
少なくとも、次回、自民党が下野すれば、公明党との別離が期待できる。
それが、多くの日本人の期待する二大政党制だろう。
連立政権という、大きな矛盾を抱えた、発展途上国のような政局は、もうやめるべきだ。



スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。