スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田母神航空幕僚長の論旨 補足

昨日のブログのままだと、左巻であると誤解されるので補足です。

きちんとした歴史認識を踏まえたうえでなければ、人間は愚かなので、
何かの拍子に、同じ間違いを繰り返すものです。

第二次大戦後、日本を取り巻く現状は、当時の状況に近いのではないかと危惧している。

だから、当時の状況を証明する証言が明らかになってきた今こそ、
それらの証言に日本人は、目をつぶらずに日本の外交問題を検討しなければならない。

その検証、本来の反省がないから、何時まで経っても日本の外交ビジョンを発信できず、
土下座外交から抜け出せないのである。

東京裁判の後、2年後のマッカーサーが米国軍事外交委員会での発言を転載する。

「東京裁判 日本の弁明」 (小堀桂一郎著) より転載 -----------------------

日本は絹産業以外には、固有の産物は何もないのです。
彼らは、絹がない、羊毛がない、石油の産出がない、錫がない、ゴムがない、
その他、実に多くの原料が欠如している。
そして、それら一切の物がアジア海域には存在していたのです。
もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、
1,000万から1,200万人の失業者が発生するであろうことを彼らは恐れていました。
従って、彼らが戦争に飛び込んで行った動機は、
大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです。

---- 転載おわり ----------------------------------------------------


日本人一人一人が、日本の歴史の事実をきちんと押さえておかねばならない。
公明党や、旧社会党、日教組の意見を鵜呑みにしてはいけない。







スポンサーサイト

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

才谷 梅太郎

Author:才谷 梅太郎
私の名は、才谷 梅太郎、
「強者が弱者を虐げ、
利欲を貪る風潮。」
それを我慢ならん!と考える心は、それらを「悪」とする心こそ「善」である。
日本人よ、もっと怒りませんか。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
才谷のお薦め
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。